看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 刷新してほしいナースのバイタルサイン技法 日野原重明 

<<   作成日時 : 2011/10/02 05:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


刷新してほしいナースのバイタルサイン技法―古い看護から新しい臨床看護へ
日本看護協会出版会
日野原 重明


Amazonアソシエイト by 刷新してほしいナースのバイタルサイン技法―古い看護から新しい臨床看護へ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



体温や血圧の測定から、
心音、呼吸音の聴診、
打診の技術。

血圧計の仕組みなど、
とても基本的なことから、
打診で心臓のサイズを測る方法、のような、
ややマニアックなことまで。

実践的な内容で参考になる。

ちなみに著者は、
2011年10月4日で100歳になられる。

医療界の、
「生きる伝説」だな。



本書より参考になったところ。

電子体温計による予測値は水銀式体温計よりやや高い値(0.2〜0.3℃)を示すといわれている。p20

電子式体温計(予測式)で同じ部位で何回か繰り返し測定すると、毎回その値が違う。0.2度の許容範囲ということは最高と最低の間隔が0.4℃の差ということで、37℃の体温のある人では、37.2℃から36.8℃の差が出るということである。p21

余り知られていないことだけど、
電子体温計はそういうものなのだな。

時々患者さんで、
マイ体温計を持っていて、
1時間おきくらいに熱を測っては、
0,1度上がったとか下がったとか、
調べている人がいたりする。

私としてはそういう患者さんに、

「その程度の変化には、余り意味は無いですよ」

ともいえないので、
電子体温計の仕組みについて、
説明してみることもある。

すると、

「へぇー、そうなの。」

と、言ってくれる患者さんもいれば、
それでも測り続ける人もいる。



熱はありませんよと当人や家族に言う前に、平素の患者の体温を尋ねるべきである。p25

この辺は、
日常おろそかになりがちなところ。

自分の体温をよく知っている患者さんは、
36,8分くらいで、

「今日は熱がある」

と、考える人もいるけれど、
看護師は、

「そのくらいなら大丈夫」

と、考える場合が多いと思う。

その認識のズレを放置していると、
患者さんからあまり信頼されなくなったりする場合もあると思う。



ジキタリス製剤が過度になると心室性期外収縮が正常心拍のすぐ後に決まって出現し、二段脈を生じるので、ナースにもジキタリス製剤の過量がわかる。p36

そこまで過量になった場合を、
まだあまり知らないけど。


一般に、どのような期外(早期)収縮でも、その心拍時の心音は高調になる。p36

なぜ高調な心音なのか?
先行する拡張期が短いので心房から心室への血流が続いており、房室弁がまだ全開している時に心室収縮が早期に起こるので、広く開いたドアが風にあおられて強くバタンと閉まるのに似て、房室弁が勢いよく閉まり、心音は大きく、かつ高調(高い音)となるのである。p36


心音を聞く前に、
モニターで観察してしまう。



水銀式血圧計も、これを被験者の心臓の高さにおいても、また高い位置のに置いても、上腕動脈での測定血圧値には変わりがない。p52

大切なのは、
測定する腕と心臓の位置関係。

このことは、
勘違いしている人がわりといるのではないかと思う。

まあ最近は、
水銀式血圧計を使う場面が少なくなったので・・・。



血圧測定時の腕帯は、正常成人では13×24cmのものを使えばよいが、太り過ぎて上腕周囲が35cm以上とか、やせすぎて20cm以下の人の場合は、腕の太い人では測定値から10mmHgを減らし、腕の細い人では10mmHgを足せば、正しい血圧測定値が計算される。p63

腕の太さによる血圧の測定値の変化。

現場で腕の太さまで考慮して血圧を記録していることは、
少ないかもしれない。



心音について。

心肥大
心臓のサイズの拡大(心濁音界の拡大または心尖拍動の左方移動)、および心電図上の心肥大の所見(心電図胸部誘導〈V5〉でのQRSの波高の高さが27mm以上に増す)によって診断される。p74

心不全患者ではshiftig ralesと言って、肺の下部に湿性のラ音が聞こえるが、左側臥位をしばらくとらせると右下肺のラ音は消え、右側臥位をとると左下肺部のラ音は消えるので、これは、肺の病気というよりは心不全による肺うっ血だと診断できる。p100


ここまで聞き取れる自信は、
あまりない。



喘鳴と胸部打診について。

喘鳴には2つのタイプがある。英語でwheezing(ぜいぜいという音の意)と言うのは、気管支が広範囲に狭くなっているために、呼気にぜいぜいする音が患者から離れていても聞こえるからである。これは気管支喘息の時にも聴かれる。もう一つ、英語でstridor(ぎしぎしいう音の意)というのは、吸息時の時にガラガラと喉の奥に耳近く聞こえる雑音のためであり、虚弱者や老人が衰弱していて痰がのどの近くに溜まっていると、このような音を生じるのである。p101

大葉性肺炎などで肺組織に広い病巣(肺胞内に炎症性の細胞が集まる)があると、打診で、高調で硬く短い音がする。ドイツ語ではクルツ(kulz:短いという意味)、英語では、響かずに鈍く聞こえるのでダルな音(dullness)と表現、日本語では濁音と表現する。また胸膜腔に水分(炎症性またはがん性の滲出液または心不全による漏出液、または胸膜腔内の出血)がある時にも、打診ではなく高調で短く、硬い感じの鈍音が聞かれる。p107


喘鳴については、
もうすこしいろんなバリエーションがあるにも思う。

看護師として、
打診を行ったことは無いな。



予後の判断について。

血管音の消失は予後が極めて悪いことを示し、それから24時間以内に心停止することが多い。p126

老衰やがん末期で脱水による血圧降下時は、急性の循環不全と異なり、60/40mmHg以下でも2〜5日と命が続くことが多い。この場合は、血圧はそんなに下がっても、意識は一応保たれることが多い。p126

一般に、末期には呼吸が一分間20回以上のことが多いが、これが一分間10回を切り、しかもチェーン・ストークス型になり、無呼吸が長めになり、呼吸数が一分間に7回以下になると、あと2〜3時間で心停止が来ることが多い。特に下顎呼吸が始まる時、すなわち呼吸が浅くて短く、喘ぐような唇の表情となり、呼気が少し長めになると、あと2〜3時間の寿命となるこおが多い。その頃は、眼球の角膜は乾燥して潤いが減じ、外から見ると、病人の目はピントが合わなくなり、目はうつろに見える。そうして、上眼瞼は下がって、眼裂はわずかに開いたままの無表情な顔貌となる。p127


こういうことを知っていると、
見取りの場面での患者さんの家族とのやり取りが、
スムーズになったりすると思う。



最後に、
死後の処置について。

アメリカの基礎看護のテキストでは、ナースによる死後の処置として、日本で死者に一様に行われている脱脂綿をたくさん穴に詰め込むような記載はない。陰部にpadを当てるくらいである。鼻腔に脱脂綿を詰めて、鼻を不恰好にすることもよくないと思う。
私は綿を無用に鼻や耳や膣や直腸に詰めることは日本のナースが古くから行ってきた不必要な処置ではないかと思う。p128


死体に綿を詰める仕事は、
いつなくなるのだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刷新してほしいナースのバイタルサイン技法 日野原重明  看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる