看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題63 老年期の免疫機能の特徴で正しいのはどれか。

<<   作成日時 : 2013/07/22 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

問題63

老年期の免疫機能の特徴で正しいのはどれか。

1,T細胞は減少する。
2,B細胞は増加する。
3,自己抗体の産生は低下する。
4,外来抗原に対する抗体の産生は亢進する。























答え 1.


1,○T細胞は減少する。

胸腺が萎縮しT細胞の数は減る。

Tリンパ球ともいう.胸腺由来の細胞で,Bリンパ球の抗体産生の調節,抗原となる細胞の溶解などの機能を有する.細胞表面に抗原レセプターを有する.機能によってキラーT細胞,サプレッサーT細胞,ヘルパーT細胞などと区別される.

T細胞 とは - コトバンク



2×,B細胞は増加する。

変わらない。

リンパ球の一。骨髄由来の細胞で、抗原の侵入に応答して増殖し、抗体(免疫グロブリン)を生産する細胞へと分化する。B リンパ球。

B細胞とは - 生物学用語 Weblio辞書



3,×自己抗体の産生は低下する。

増加する。

自己抗体とは、
自己の物質に対してできた抗体.自己免疫疾患の原因となる
自己抗体 とは - コトバンク

自己抗体が増加する理由などは、
とても難しいことで、まだよくわかっていない部分もあると思うのですが、
すごく簡単に言ってしまうと、
もともと人の体は、自分自身に対する抗体ができないような機能が備わっているけど、老化によってその機能が低下してしまうせい、
なんだろうなと思います。




4,×外来抗原に対する抗体の産生は亢進する。

減少する。

Tリンパ球も減少することですし、
外来抗原に対する抗体の生産は低下しますね。

年をとって感染症などにかかりやすくなることを考えると、
わかると思います。




老化による体の変化。

老年期の体 - goo ヘルスケア

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題63 老年期の免疫機能の特徴で正しいのはどれか。  看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる