看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題57 甲状腺機能亢進症の患者への指導内容で適切なのはどれか。

<<   作成日時 : 2013/07/21 06:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題57

甲状腺機能亢進症(hyperthyroidism)の患者への指導内容で適切なのはどれか。

1,四肢の冷えへの対処方法
2,食欲亢進に対する食事制限
3,症状悪化の徴候である眼球陥凹の観察
4,抗甲状腺薬内服中の感染徴候の早期発見
























答え 4.

1,×四肢の冷えへの対処方法

甲状腺機能亢進症では、
エネルギー代謝の亢進により、
汗を多くかいたり暑がりになる。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)<内分泌系とビタミンの病気> - goo ヘルスケア




2,×食欲亢進に対する食事制限

エネルギー代謝の亢進により食欲も上がるけど、
それだけ体の中で消費されてしまっているわけなので、
食事を制限するわけにはいかない。




3,×症状悪化の徴候である眼球陥凹の観察

バセドウ病で眼球突出が起こるのは、
5人に1人くらいだそうです。

眼球突出症は自己免疫性による眼窩部の脂肪の炎症によるもの
ということ。

甲状腺機能亢進症 - Wikipedia




4,○抗甲状腺薬内服中の感染徴候の早期発見

抗甲状腺薬の副作用で代表的なのは、
かゆみ・じんま疹(薬疹)、肝機能障害、無顆粒球症の三つ。

そのうち無顆粒球症は、
白血球のうちの好中球が極端に減少すること。

好中球は、
主に生体内に侵入してきた細菌や真菌類を貪食(飲み込む事)殺菌を行うことで、感染を防ぐ役割を果たす。

好中球 - Wikipedia

なので、
感染をおこしやすくなると。




この問題は、
看護師国家試験にしてはややマニアックかなと思う。

現場では、
甲状腺の機能が低下した人に出会うことの方が多いかな。

甲状腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気> - goo ヘルスケア


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題57 甲状腺機能亢進症の患者への指導内容で適切なのはどれか。 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる