看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題95 急性心筋梗塞のPTCAに関する問題2

<<   作成日時 : 2013/10/17 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題94 急性心筋梗塞のPTCAに関する問題
の続き。

問題95

Aさんは順調に回復し、入院5日目には心臓リハビリテーションの計画に沿って、病棟内のトイレまで歩行ができるようになった。Aさんは「さっきはトイレに行ってきたけれど、調子が良いから中庭を散歩しても大丈夫ですか?」と笑顔で尋ねた。その日のAさんの状態は、体温36.6℃、呼吸数18/分、血圧134/84mmHGであった。

Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。

1,調子が良いなら大丈夫だと話す。
2,脈拍が90/分になるくらいのスピードで歩くよう指導する。
3,心電図モニターの電波が届かない中庭には行けないと話す。
4,歩行範囲は計画に沿って拡大していく必要があることを説明する。

























答え 4.

1,×調子が良いなら大丈夫だと話す。

大丈夫かどうかはわからない。


2,×脈拍が90/分になるくらいのスピードで歩くよう指導する。

どのくらいの脈拍が良いかということは、
人によっても変わってくるだろう。


3,×心電図モニターの電波が届かない中庭には行けないと話す。

そういう問題でもない。


4,○歩行範囲は計画に沿って拡大していく必要があることを説明する。

活動量や活動の範囲は、
計画に沿って拡大する。

計画を逸脱する場合、
看護師のみの判断ではまずいだろう。



看護師国家試験の傾向として、
患者さんの活動を制限する方向の解答は間違いである場合が多いと思うけど、
このような場合は、計画に沿うことが必要になる。

どうしても患者さんが行きたいというときは、
医師に報告して確認を取るなどのことが必要になるだろう。


PCIで入院5日後にトイレ歩行というのは、
PCIのクリニカルパスなどを見てみると、

http://www.kyoto1-jrc.org/kanja/nyuin/img/pass/23/05-I20-1.pdf
少しゆっくりなような気もするけど。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題96 急性心筋梗塞のPTCAに関する問題3
第100回看護師国家試験 午後問題95 急性心筋梗塞のPTCAに関する問題2 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/10/17 01:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題95 急性心筋梗塞のPTCAに関する問題2 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる