看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題100 尿閉と構音障害のある患者さんに関する問題

<<   作成日時 : 2013/10/21 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

Aさん(74歳、男性)は、強い下腹部痛のため救急車で入された。Aさんは顔面蒼白で、冷汗をかき、腹部を押さえている。一緒に来た妻は、「夫はいつも尿が出にくい。夜は、3回はトイレに行くのに、昨夜は行かなかった。今朝もポタポタとしか出なかった。便秘はしていない」と話した。Aさんは4年前に脳梗塞(cerebral infarction)になり、重い構音障害があるが、理解力に問題はなく、身の回りのことは全部自分でできている。搬入時のAさんは、看護師と視線を合わせることができ、問いかけにはうなずきで答えている。

問題100

Aさんに直ちに行うべき処置はどれか。

1,導 尿
2,摘 便
3,膀胱瘻の造設
4,利尿薬の投与

























答え 1.

1,導 尿

問題文から、
尿閉の状態と考えられるため、
導尿を行うことになる。

最近だと、
膀胱内の尿量を超音波で測ってくれる装置というものがあり、
あらかじめ、実際にどのくらい尿が溜まっているかを知ることもできる。

問題文の状態から想像すると、
下腹部は膨満していそうなので、
この装置で量を測ってみるまでもないかもしれないけど。



2,×摘 便

便のことはどこにも出てこない。



3,×膀胱瘻の造設

いきなりそれはない。

導尿ができなかった場合には、
行うことになるかもしれないけど。



4,×利尿薬の投与

尿閉の時に利尿剤を投与しても、
尿は出てこない。

膀胱に溜まる尿が増えることになるので、
危険。



問題文でも、
尿が出ていないことが強調されているので、
普通に考えれば間違わないと思う。

あせって4を選ばないように。



尿閉 とは - コトバンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題101 尿閉と構音障害のある患者さんに関する問題2
第100回看護師国家試験 午後問題100 尿閉と構音障害のある患者さんに関する問題 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/10/21 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題100 尿閉と構音障害のある患者さんに関する問題 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる