看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題112 帝王切開をした産婦に関する問題

<<   作成日時 : 2013/10/30 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

Aさん(40歳、初産婦)は妊娠経過に異常がなく、妊娠41週に陣痛発来した。分娩中に臍帯圧迫による胎児機能不全を認めたため緊急帝王切開になった。麻酔は、脊椎麻酔に硬膜外麻酔を併用した。出生した児の体重は3,150g、アプガースコアは1分後7点、5分後9点であった。Aさんは、術中の経過に異常はなく、出血量400ml。術直後の検査でHb11.5g/dlであった。

問題112

Aさんの術後合併症で最も注意すべきなのはどれか。

1,貧 血(anemia)
2,肺水腫(pulmonary edema)
3,術後せん妄(post-operative delirium)
4,深部静脈血栓症<DVT>(deep venous thrombosis)

























答え 4.

1,×貧 血(anemia)

Hbの基準値は、
男性 13.0〜17.0g/dL
女性 11.2〜15.2g/dL
くらいで、
文献や施設によっては少し違ってきます。

参考にしたのは、

ヘモグロビン | 健康診断結果の見方

問題の女性では、
11.5g/dlで、
まあ大丈夫というくらい。

出産後も悪露として少量の出血は続くと思いますので、
Hbがもう少し下がる可能性はあると思いますが。



2,×肺水腫(pulmonary edema)

この手術において起こりやすい合併症とはいえないでしょう。

肺水腫 - goo ヘルスケア



3,×術後せん妄(post-operative delirium)

術後せん妄のリスクが高いのは、
高齢者、や認知症のある人。

この場合では、
可能性は低いでしょう。

まったくないとはいえないと思いますが。

せん妄についてさらに詳しく学ぶには、

http://www.fmu.ac.jp/home/cmecd/igakusei_kensyui/lecture/H22/lecture_101026.pdf



4,○深部静脈血栓症<DVT>(deep venous thrombosis)

深部静脈血栓症は、
多くの手術において合併症として上げられるものですが、
特に帝王切開の場合では、
リスクが高いようです。

その理由としては、
妊娠中は(1)血液凝固能の亢進・線溶能の低下・血小板の活性化,(2)女性ホルモンの静脈平滑筋弛緩作用,(3)増大した妊娠子宮による腸骨静脈・下大静脈の圧迫,(4)帝王切開などの手術操作による総腸骨静脈領域の血管(特に内皮)障害,手術侵襲による血液凝固能亢進,血液濃縮による血液粘性の亢進,および術後の臥床による血液うっ滞などの理由により DVT,さらには PTE が生じやすくなっている.
というようなことが書かれていました。

http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5610-382.pdf

それから、

Q&A集/産後のQ&A/311

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題113 帝王切開をした産婦に関する問題2
第100回看護師国家試験 午後問題112 帝王切開をした産婦に関する問題 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/11/01 23:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題112 帝王切開をした産婦に関する問題 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる