看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題92 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題2

<<   作成日時 : 2013/10/15 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題91 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題
の続き。

問題92

ある日、看護師が訪問時刻に遅れてしまったが、Aさんは電話の設置をいやがっていたため、連絡がとれなかった。看護師が15分遅れでAさんの家に到着し、すぐに謝ったが、Aさんは「バカにしているなら帰れ」と怒鳴った。

看護師の対応で適切なのはどれか。

1,電話を設置してほしいと依頼する。
2,そんなに怒らなくてもよいと話す。
3,Aさんを心配していることを伝える。
4,遅刻の話題には触れず、訪問活動を続ける。

























答え 3.

1,×電話を設置してほしいと依頼する。

このタイミングでこの話を持ち出せば、
電話を設置していないのが悪いと、
相手を非難するようなニュアンスが含まれることになるだろう。

腹を立てている相手に対して、
適切とは思えない。


2,×そんなに怒らなくてもよいと話す。

普通に考えてこれはないな。


3,○Aさんを心配していることを伝える。

心から謝ったうえで、
このような対応をするのがベストだろう。


4,×遅刻の話題には触れず、訪問活動を続ける。

普通に考えてこれもないな。


統合失調症の患者さんであっても、
人と接する上での基本的なことは変わらない。

訪問看護は、
私はやったことはないけど、
私の妻が少しやっていたことがある。

訪問看護では、
前の訪問先での仕事量や、
訪問先から訪問先へ移動するあいだの交通状況などによって、
約束の時間に遅れてしまう場合がどうしてもでてくる。

遅れた理由を丁寧に説明して謝っても許してもらえない場合は、
どうしたらよいのだろうか。

病気の影響もあるとわかってはいても、
相手に怒鳴られて怒られるということは、
本当に辛いことだし。

訪問看護の大変さの一端が感じられる問題だなと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題93 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題3
第100回看護師国家試験 午後問題92 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題2 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/10/15 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題92 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題2 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる