看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題119 躁うつ病の患者に関する問題2

<<   作成日時 : 2013/11/10 11:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題118 躁うつ病の患者に関する問題
の続き。

問題119

入院後1週間が経過した。Aさんは職場のことが気になると言って、連日頻繁に会社に電話をしている。看護師が面接をしたところ、今後への強い焦りの訴えが聞かれた。

看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1,仕事のことはあまり考えないようにと話す。
2,治療の見通しについてAさんと再確認する。
3,Aさんのテレホンカードをナースステーションで管理する。
4,Aさんの上司に病状を説明し、Aさんの行動への理解を求める。

























答え 2.

1,×仕事のことはあまり考えないようにと話す。

「考えないように」と話すだけで、
考えないようにできるわけではない。



2,○治療の見通しについてAさんと再確認する。

今後への強いあせりがあるわけだから、
今後の治療について再確認することは適切だろう。



3,×Aさんのテレホンカードをナースステーションで管理する。

患者さんの行動を制限するようなことは行わないことが基本。



4,Aさんの上司に病状を説明し、Aさんの行動への理解を求める。

患者さんの情報を、看護師が他人に漏らすことはできない。

守秘義務。

患者さんの両親などに、
職場へ状況を伝えるように促すことは可能だろうと思うが、
特に精神科系の疾患の場合、
他人に病気のことを告げるのがためらわれる場合もある。

会社を休む段階で、
会社から本人は家族に対して、病気や病状につい問い合あわせが行われるだろうし、
本人行動から、
上司はすでに何かしらの予想をしているかも知れない。

そのような場合は患者本人や家族から医療者側に、
職場にはどのように説明をしたらいいだろうか、
という相談があるかもしれない。

看護師がそのような相談を受けた場合は、
医師にも相談しながら考える必要があるだろう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題119 躁うつ病の患者に関する問題3
第100回看護師国家試験 午後問題119 躁うつ病の患者に関する問題2 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/11/10 16:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題119 躁うつ病の患者に関する問題2 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる