看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第101回看護師国家試験 問題21 静脈血採血をする適した注射針はどれか

<<   作成日時 : 2013/12/23 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第101回看護師国家試験 午前問題21

成人に血液検査のための静脈血採血をする際、最も適した注射針はどれか。

1,16G
2,18G
3,22G
4,27G
























答え 3.

1,×16G

透析や献血や輸血のとき、
それから胸腔などへの穿刺のときに、
このくらいの太さの針が使われることがあります。


2,×18G

輸血のときなどに使われる。



3,○22G

静脈採血の時に使われる場合が多い。

点滴するときも、
このくらいの太さの針を使う。



4,×27G

皮内注射、皮下注射などで用いられるサイズ。


針のサイズは、
数字が小さいほど太いです。

現場でよく使われるのは、
18G〜27Gくらいで、
看護師が一番よく使うのは、
20Gから24Gくらいの針だと思います。

それから、
どのような処置の時にどの太さの針を使うかということは、
病院や職場ごとに少し違っていたりします。

処置によっては、
ルールとして針の太さが決められえている場合もありますが、
だいたいこのくらいという感じで覚えておいて、
その範囲のなかから患者さんに合わせて選択していけばいいでしょう。

ついでに書いておくと、
血管が細く採血が難しい人に、
細めの針を使用する場合は、
赤血球などを壊してしまわないよう、
注射器の内筒を強く引っ張り過ぎないようにして、
慎重に採血する必要があるでしょう。



参考

注射と穿刺について

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第101回看護師国家試験 問題21 静脈血採血をする適した注射針はどれか 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる