看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則80 同姓同名に注意。だれもが自分が呼ばれていると思っている

<<   作成日時 : 2014/07/01 15:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考にして、
私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則80は、

同姓同名に注意。だれもが自分が呼ばれていると思っている

というもの。

この法則の解説は、

外来で名前を呼ぶとほとんどの患者が振り返り、呼ばれた名前が同姓同名だと、間違って診療室に入る患者もいる。名前の確認は大切。

この法則はちょっとおかしい。

同姓同名の名前が呼ばれたら、
間違っているかどうか、患者さんには判断のしようがない。

最近は外来などでも、
名前ではなく番号で患者さんを呼び出す場合が多いと思うから、
こういう間違いも減っているかもしれない。

番号で呼ばれるのは嫌だなぁ、
と、思う人もいるだろうけど、
プライバシーとかの問題もあるし。

しかし番号だと、
自分が呼ばれたことに気がつきにくくて、
結局、名前で呼び出されたりすることもあるけど。


実際のところは、
同姓というだけで間違いが起こりやすくなることがある。

さらに、
同性の患者さんの容姿が似ていると、
より間違いやすくなる。

小柄で穏やかそうな感じのおじいさんが、
二人とも鈴木さんで、
しかも隣同士のベッドに寝ていたりすると・・・。

なんとなく似ている二人も、
よく知るようになると、取り違えはほとんど起こらないのだけど。

入退院がとても激しい最近の医療現場では、
患者さんをよく知るまえに、退院してしまったりする。

そんな現場では、
患者さんのはめているリストバンドに印刷されたバーコードは、
とても活躍しているなと思う。


私のナースの法則80

顔見知りという安心。識別番号とバーコードの安全。両方大切。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則80 同姓同名に注意。だれもが自分が呼ばれていると思っている 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる