看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則86 患者・家族にとって民間療法は心のよりどころになり得る

<<   作成日時 : 2014/07/12 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に、私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則86は

患者・家族にとって民間療法は心のよりどころになり得る

というもの。

この法則の解説は、

頭から否定しないこと。効果よりも精神的支えになっているかどうか見極めることが大切。


患者さんがマグネットのネックレスをしているのを見て、

「あんなものが効くのだろうか?」

と、言っているような看護師が、
縁結びの神様めぐりに熱心だったりするとちょっと面白いかな。

そういう私も、
交通安全のお守りとかちゃんと持ってるけど。


なにごとも、
信じれば何かしらの効果があるのだと思う。

プラセボ効果というものもあるわけだから。

プラセボとは? | 治験について | 武田薬品工業株式会社


まあ、
嘘の健康食品とか、健康器具とか、
そういうものを高い値段で買わされたりするのは問題だろうな。

そんな時に看護師として何ができるのか?
と、考えてみるけど、
そんな時には看護師としてというよりも、
一人の個人として話をしてみるしかないなと思う。



私のナースの法則86

相手が信じるものを否定することは、誰にもできない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則86 患者・家族にとって民間療法は心のよりどころになり得る 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる