看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則102 医者より看護師、看護師より看護助手、助手より事務 患者が言いたいことが言える順番

<<   作成日時 : 2014/08/15 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に、私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則102は

医者より看護師、看護師より看護助手、助手より事務 患者が言いたいことが言える順番

この法則の解説は

患者は医師の前ではいい子になって、大人しくなる。決して本性を現さない。


この法則のようなことも、
最近ではだいぶ減ってきているのではないかと思うけど、
高齢の方を中心に、まだこのような接し方をされる方がいるなとは思う。

医師が病状を聞いた時には、

「大丈夫です!」

と、言うのに、
後から看護師が聞くと、いろいろな症状を訴えてきたり。

「こんな薬は効かないから飲まない!」

と、看護師には強気で言っていても、
医師がやってきたら素直に飲んだり。


それからこのような変化は、
相手が男性か女性かによって起こることもある。

女性の看護師には乱暴な言葉使いをしているのに、
男性には丁寧になったり。

これも高齢の人に多い気がする。


このような場面に出くわすと、
高齢の人は相手を立場とか性別とか役割とか、そういうもので判断する傾向があるのかなとか、
その傾向というのは、その人の生きてきた環境によって作られたのだろうなとか、
考える。

まあ、
これもひとつの偏見だろうけど。



ナースの法則102

だれしも、偏見や先入観で他人を見ている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則102 医者より看護師、看護師より看護助手、助手より事務 患者が言いたいことが言える順番 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる