看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則114 口腔が汚いとコミュニケーションが悪くなる

<<   作成日時 : 2014/09/17 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則114は

口腔が汚いとコミュニケーションが悪くなる

この法則の解説は

口腔が汚いとしゃべる気がしなくなり、コミュニケーションが悪くなる。


たしかに、そういうこともあるなと思います。

自分の口が臭っていそうだなと思いはじめると、
(実際に臭っていてもいなくても)
積極的にしゃべりたいとは、あまり思わなくなります。

それから、他人の口の臭が気になる時も、
その人と会話を続けたい気持ちは減少するでしょう。

便やおしっこの匂いは、オムツを交換したらほとんど消えてしまいますが、
口の臭は少し歯を磨いただけでは消えなかったりして、
十分に葉が磨けなかったりすると、
とても強くなってしまうこともあります。

臭の耐え難さで言うと、
強烈な便臭よりも、強烈な口臭の方が上かなと、
思うことすらあります。


まあ、そうは言っても、
人間は臭うもの、
だとは思います。

「猿の惑星」という昔の映画の中で、
猿たちが人間を、
「臭い!臭い!」
と、言っているシーンがあったのを覚えていますが、
おそらくそういうことなのでしょう。


私も40歳近くなってきて、
順調に加齢臭なども出てきています。

口臭に体臭に加齢臭に、
臭のことを気にし始めると、
人と接するのが億劫になる一方です。

ただ一つ良いこととしては、
鼻が若い時ほど臭を感じなくなっているようで、
相手の臭には以前より寛容になっているのかなと。

年をとって丸くなるというのは、
感覚や感情が鈍くなっていくことかもしれないなと、
ちょっと思ったりしました。

それが良いのか悪いのかわかりませんが。


私のナースの法則

看護師は、命のいろんな臭いを日々嗅いでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則114 口腔が汚いとコミュニケーションが悪くなる 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる