看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則127 知っているからうまいとは限らない

<<   作成日時 : 2014/11/16 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則127は

知っているからうまいとは限らない

この法則の解説は

知識は反復によって初めてまろやかな手技になる


「知識」が「手技」になる、というのと、
まろやか」という言葉の使い方がちょっときになりますが、
言っていることはわかります。

私が看護学生だったころ、
初めて薬のアンプルを開けた時のこと、
薬液を注射器に吸ったときのことを、
今でも覚えています。

プルプル震えながらアンプルを握りつぶして、
薬液は多量にこぼしました。

それから、
病棟で初めて、看護師が注射器に薬液を吸うところを見たと気のことも忘れまん。

あまりの手際の良さに驚きました。

それらのことが、
今では当たり前にできています。

なんども繰り返すということの効果は、
ほんとに大きいです。

逆に言えば、
不器用で、手技に自信がなくても、
何度もやっているうちになんとかなるものです。


では、
なんども繰り返せないことを「まろやか」に身に付けるためにはどうしたらよいか。

そのためには、
イメージトレーニングが大切だと思います。

イメージトレーニングのコツとしては、
ただイメージするだけでなく、
イメージしながら自分の体も動かしてみることだと思います。

そうは言っても、
屋上で裸で行なう必要はないでしょうけど。

野球でいえば、「素振り」みたいなものですね。


このイメージトレーニング、
普段からやっておくのと同時に、
その手技を行なう直前にやるのも効果的だと思います。

例えば、採血が難しそうな患者さんの腕に針を刺すとき、
いきなり刺すのではなく、
どんな感じで刺して、どのくらい針をすすめるか、など、
患者さんの腕と血管を見ながら直前に一度イメージしてみる。

そうすると成功率が上がる気がします。


私のナースの法則127

一流アスリートの神業のような技術は、毎日のトレーニングによって成り立っているので、ベテラン看護師の技術も多分そういうものだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則127 知っているからうまいとは限らない 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる