看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則129 自分がその年にならないとわからないことがある

<<   作成日時 : 2014/11/18 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則129は

自分がその年にならないとわからないことがある

法則の解説は

歳を重ねていくと、新人に指導する立場上、新人の頃嫌いだった先輩と同じことを言っていたりして、その人のことをなつかしく思い出すことがある。厳しく指導されたからといって、その人を嫌わないで。


自分が歳を重ねて、
厳しい先輩が厳しいのは、
その先輩自身が大変だったからかなと思うことがあります。

看護師の仕事は体力勝負だったりするので、
体力が衰えれば自分の仕事に余裕が持てなくなります。

自分に余裕がなくなれば、
他人には優しくできなくなるでしょうから、
体力が衰えると、他人に優しくできる量はどうしても下がってしまう。

それに先輩になれば、
新人にはない仕事の負担や責任があり、
それが新人の頃に思っていたよりもけっこう重いのです。

なので、
体力の衰えと、仕事の負担の増加をカバーできるだけのものを、
年を重ねたなりに積み重ねていかないと、
厳しいだけの人になってしまうのかもしれません。

そして、
そういうものを積み重ねていくのは、
簡単にできることではないなと。

これは、
私が年を重ねて気がついたことです。



これと同じようなことを、
自分が親になったときにも感じました。

気力も体力も若い頃より衰えているのに、
親として考えなければいけないことはとても多い。

親の大変さは、
親になってみないとわからないものだなと思います。



私のナースの法則129

その年にならないとわからないことがある、ということも、ある程度年をとらないとわからない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則129 自分がその年にならないとわからないことがある 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる