看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則132 達人でも知らないことはある

<<   作成日時 : 2014/11/21 08:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に、私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則132は

達人でも知らないことはある

この法則の解説は

キャリアを積むと後輩に尋ねたり、学習することを嫌がる人がいる。達人になってもわからないことを聞く勇気と学ぶ楽しさが必要である。


記憶も技術も、
使わなければ衰えます。

プロ野球の選手などを例にとると、
例えば、全盛期は過ぎたかもしれませんがイチロー選手のような世界的な達人でも、
毎日トレーニングを欠かさないわけです。

なので、
「達人」というのは一度なったらそれで終了なのではなく、
「達人」という状態を維持するために、多大な努力が必要。

一度は「達人」になれたとしても、
そこでストップしてしまうとすぐに「達人」ではなくなってしまう。


どんな世界の「達人」でも、「達人」と呼ばれるような人は、
学ぶことに長けているのだと思います。

普通の人はある程度学ぶと、
まあこんなもんかな、もう学ぶことはだいたい学んだな、
という気持ちになってしまう。

しかし「達人」は、
次から次に学ぶべきことが見えてきて、
どれだけ学んでも、まだまだ学ぶことはたくさんあると感じている。

次第に、周りから「達人」と呼ばれるようになっても、
自分ではまだまだ未熟だと思っている。


それから、野球の例をもう少し使うと、
イチロー選手クラスの「達人」がいても、
そのチームが必ず勝利するとも限らないわけです。

看護も、チームで行なうものだと思うので、
そのチームに「達人」がいることはとても心強いことですが、
より大切なのはチーム力だなと思います。


私のナースの法則132

たとえ「達人」でも、看護師が一人でできることは、ほんとに些細なことです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則132 達人でも知らないことはある 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる