看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則142 白衣を脱いだら真の自分に戻れ

<<   作成日時 : 2014/12/13 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に、私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則142は

白衣を脱いだら真の自分に戻れ

この法則の解説は

遊ぶときは遊ぶこと。白衣を脱いでもはめを外せないとストレスの原因にも。



「真の自分」とはなんなのか、私にはまだよくわからない。

時と場合によって変わるし、年を取るにしたがっても変わっていくし。

体調、環境、一緒にいる人、その他もろもろによって、微妙に変わる。

なので、
白衣を脱いだ時が「真の自分」で、白衣を着ているときが「偽の自分」ということもないだろう。

それから、
できることなら、白衣を着ている時にも、自分らしさを出しながら看護師をするべきだとは思う。

その自分らしさは、相手にも受け入れられるように調整する必要はあるだろうけど。


法則で言いたいことは、
自分の中にはいろいろな要素があるので、白衣を着ることで制限されている自分の中の要素を、白衣を着ていない時に出すようにすると良い、
ということなのだろうと思う。

そのためには、
白衣を脱いだ時に、一緒にいる人には自分が看護師だということを知られていない方がいいかもしれないし、
知られていても、看護師以外の視点から自分のことを見てくれる人と一緒にいるのが良いだろう。

そういう存在というは、
看護学校のときの友達だったり、看護師になる前からの友達だったりするかな。


では、
看護師として働いている時に自分らしさを出すというのはどうしたらよいのか。

これはだれかが教えてくれることではないので、自分で考えないといけないことだと思う。

ただ実際には、無理して出さなくても勝手に出ているものなのかもしれない。

その勝手に出ている自分らしさに、自分自身で気がついていないだけなのかもしれない。



自分でも気がつかないうちに勝手に出てしまっている自分らしさとはどんなものなのか?

そして、自分らしい看護師らしさとはどんなものか?

そういうことを考えながら働いていると、日々発見があって面白いかも知れない。



私のナースの法則142

自分自身のことは、知っているようで知らない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則142 白衣を脱いだら真の自分に戻れ 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる