看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則153 社会的地位がどうだろうと働き続けるという開き直りも大事

<<   作成日時 : 2015/03/06 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則153は

社会的地位がどうだろうと働き続けるという開き直りも大事

この法則の解説は

自分のために働いているんだとどっしりかまるえことが大事。



看護師の社会的地位は低いけど気にするな、
ということを言っているのだろうか?

気にしない、と、自分に思い込ませないといけないうちは、
まだ気にしていることになる。

「気にしない、気にしない、気にしないー」
っていう、
一休さんの歌のフレーズは、大人になって聞いてみると、
自分に言い聞かせるおまじないに聞こえる。

この法則を作った人も、
看護師の社会的地位について随分悩んだんだろう。


逆に、
この法則の意味がよくわからないな、と、感じる人は、
看護師の社会的地位などということについてなんら気にしていないことになる。

そういう人は、
それでいいのだろうと思う。


私は男ということもあって、

「仕事は看護師です」

と、人に言うのが少し恥ずかしいようなきもするときもまだあるし、
そういうことを気にしている方かなと思う。

しかしそれでも、
自分の家族ができて、子供が増えて、
看護師をたんなる仕事の一つと考えられるようになってきた気がする。

それでいいのかどうかわからないけど、
そのおかげで、
燃え尽きてしまう可能性は減ったなと思う。

仕事においては精一杯のことをしたいなと思うけど、
自分が磨り減ってしまう必要はないなと考えるようになった。



全ての人において、できるかぎり精一杯生きている結果が、現在のその人の姿なんだと思う。

なので結局は、
自分にできることをできるかぎりやるしかない。

これは開き直りだな。



私のナースの法則153

自分のできることをできるかぎりやる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則153 社会的地位がどうだろうと働き続けるという開き直りも大事 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる