看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則162 仕事は片づけながらできる

<<   作成日時 : 2015/03/22 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則162は

仕事は片づけながらできる

この法則の解説は

整理整頓のできる人はケアを受けていても気持ちがいいし、仕事が早い。出来上がりがきれいなのも看護の技術である。


整理整頓の大切さは、
どんな場面においても言えることだろう。

乱雑な環境にいると、気にしないつもりでも、脳にはその乱雑な情報が入ってきていて、
それだけ脳の負担を増やしていることになり、処理能力が落ちる。

片付けをすると気持ちがすっきりしてやる気が出てくるのも、
脳の負担が軽減されたからだろう。


そうは言っても、
現場はどんどん散らかって言ってしまう。

整理整頓の一番のポイントは、
モノの定位置を決めて、使ったあとは必ずその場所に戻す、
ということだと思うが、
次々に新しいものが増えていくと、
現場はものであふれかえる。


特に散らかりやすいのは、
書類などの紙類。

ナースステーションの一角に、
連絡事項や、研修のお知らせや、その他ありとあらゆる書類がベタベタ貼ってあって、
収集がつかなくなって壁が、どこの職場にもあると思う。

あれがどうにかならないものかと思っているけど、
なかなかうまくいかない。

貼った人が剥がすところまで責任を持ちましょう、
と言っても、
貼った人が貼ったことを忘れてしまっていたりする。

いらなくなったはずの7書類を壁からはがす時に、

「ほんとにいらないのだろうか?」

という気持ちがよぎって、なかなか剥がせなかったり。

なので勝手に、

「期限のある書類は期限が来たら剥がします」

「期限のない書類は一ヶ月程度で剥がします」

ということにして、
剥がしたものはファイルに閉じるようにしてみた。

まあ、私が時間のあるときにやっているだけなので、
忙しいと、壁は元の無秩序状態に戻るけど。



私のナースの法則162

なんだかやる気の出ないときは、勝手に職場の整理整頓をしてみると良いかも。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則162 仕事は片づけながらできる 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる