看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則165 明るく静かな振る舞い

<<   作成日時 : 2015/03/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に、私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則165は

明るく静かな振る舞い

この法則の解説は

明るいというのは、大きな声を上げたりバタバタ駆け回ることではない。動作の落ち着きは、患者さんに安心感と信頼感を与える。



いつもバタバタと働いているような人でも、
患者さんから意外に人気があったりすることもあるでしょう。

患者さんがどのような看護師を好むかということについては、
いろんな患者さんがいるので、いろいろな看護師が好まれる可能性がある、
ということだと思います。

なので、
いろんなタイプの看護師がいたほうが良いのです。

それに相手の気持ちというのは、
年齢が近かったり、性別が同じだったり、相手と同じような経験をしていたりしたほうが、
想像しやすいもの。

そういう意味でも、
いろんな年齢の、いろんな性別の(二つしかありませんが)、いろんな経験を積んだ看護師が、
いたほうが良いですね。


看護師の理想像みたいなのがあったとして、
みんなで同じようにそれに近づこうとすることは、
ほどほどにしたほうがいいような気もします。

みんなが理想的な看護師になったら、
息苦しく感じる患者さんもいることでしょう。

タバコが大好きで、入院してもやめられない人が、
理想的な看護師から毎日、
「タバコをやめましょう!」
と、言われたとしたら。

「俺の勝手だろ!ほっといてくれ!」
と、言いたくもなるでしょう。

しかし中には、
そういう人の心に響く声掛けをできる看護師も、
いたりするのです。

安心とか信頼などの基本的な部分は、最低限必要でしょうけど、
それから先については、
それぞれの人が、自分の個性やキャラクターを発揮していけばいいのではないかと思います。



私のナースの法則

自分らしさを伸ばし、生かす。そのためにまずは、自分らしさについてよく考えてみる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則165 明るく静かな振る舞い 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる