看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のナースの法則173 「今日一日、看護師であった」といえる仕事を一つしなさい

<<   作成日時 : 2015/04/18 06:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則173は

「今日一日、看護師であった」といえる仕事を一つしなさい

この法則の解説は

忙しさに流されていると、「忙しかった」以外何も残らない。一日一つでも意識的に自信の持てる仕事をしようと思えば、仕事への姿勢も変わるし、残るものがある。



一つと言わず、どの仕事も、
忙しい中で、自分のできる限りのことをすればいいのではないかな。

そして、
さらにそれを少しでも改善しようとすること。


私が普段働きながら考えていることは、
いつもやっていることを、
もう少しうまくできないだろうかということ。

もう少しだけ安全に、
もう少しだけ患者さんに優しく、
もう少しだけ自分も楽に、
自分のやっているいろんなことを、
もう少しだけ改善させるにはどうしたらよいのかと。

ただ、
いろんなことはすでに多くの改善を積み重ねた結果なので、
そこからもう少し改善するということは、
そんなに簡単なことではない。

ほんの少しの改善だから、
違いがよくわからないことも多いし、
改善させたつもりがいつの間にか元に戻っているということもある。

3歩進んで、2.9歩くらい戻っているような。

その程度の改善。


しかし、日々忙しいと、
「あ!これはこうやったらいいのではないか?」
とか、
「この部分をもう少し勉強したほうがいいな」
とか、
そういう改善の種を思いついても、
忘れてしまうことが多かったりする。

忘れることが繰り返されると、
そのうち、
思いつくこともやめてしまう。

そこが一番問題だなと思う。



私のナースの法則173

思いついた改善の種は、忘れないようにどこかに書き留めて、少しでも実行にうつす。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のナースの法則173 「今日一日、看護師であった」といえる仕事を一つしなさい 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる