看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 研修のまとめ2 医療安全の基礎知識 〜法的責任と倫理〜

<<   作成日時 : 2015/10/23 07:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この前いった研修「医療安全の基礎知識 〜法的責任と倫理〜」の個人的まとめ


医療事故の見方の変化

1990年代 医療事故はあってはならないこと 個々人の注意で防ぐことができる

2000年代 医療事故は起こりうること チームや組織全体の在り方を改善しなければ、事故は防止できない



ヒューマンエラーの要素

人の認知的特徴:注意・記憶
・人は一つのことに注意を向けすぎると他の事は眼中になくなる
・人は自分の見たい事、聞きたいことを選択して注意を向ける
・人は忘れる

対策
・覚えるものに注意を向ける
・意味を理解する、繰り返し覚える
・メモを取る、思い出す手がかりを作る
・できるだけ作業を中断しない


認知的特性:知覚 
・人は錯覚や思い違いをする

対策 
・指さし呼称による確認をする(間違いを6分の1に減らすと言われる)
行為や判断を行う前に、確認すべき対象、行うべき対象を指差し、確認すべき内容や行為を大きな声で言う
  ・注意の方向付け
  ・多重確認の効果と脳の覚醒
  ・焦燥反応の防止
・用語の統一をする
・伝えたいことは復唱する


認知的特性:判断
・人は近道・省略行動をする
 
対策
・省略行動をしないよう規則や手順を改善する
・慣れあいの雰囲気を是正する
・責任の所在を明確にする


生理的特性
・サーカディアンリズムの主な機能は眠りと体温をコントロールする
・体温が高いと覚醒水準が高くなり低いと眠気を感じ注意力が低下する
 平均的な成人は夜明け前に体温が低くなる。
・加齢とともに視覚・聴覚・平衡感覚等、身体機能が低下する。
・疲労によりエラーをしやすくなる


集団的特性
・社会的手抜き 自分がやらなくても他の誰かがやるだろう
・集団の圧力 メンバーが全員自分とは違う意見の場合、他の人に合わせてしまう
・権威勾配 権威のある人に指示されると意思に反して従う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
研修のまとめ2 医療安全の基礎知識 〜法的責任と倫理〜 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる