看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 新人看護職員実施指導者研修

<<   作成日時 : 2016/01/27 16:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日受けてきた、
「新人看護職員実施指導者研修」の講義の部分の個人的まとめ。


OJTの進め方

1.OJTリーダーは、あらかじめ次の点を検討し、明確に伝える
@誰が(学習者の特性、職務、背景、経歴など)
A何のために(看護部の目的、方針、理念、目標と関連付ける)
Bどうなる必要があるのか(○○ができるようになる)
Cいつまでに(スタート、中間、最終のタイミング)

2.目標達成の計測
目標を達成したかどうかを図る手段を設定します

3.行動計画作成の支援

どうやってその状態に至るか行動計画を作らせる

4.振り返り・精神的支援
活動の進捗状況の中で事実の客観視と自己効力感の回復を支援する
うまくいったこと→うまくいかなかったことの順で
うまくいかなかったことの原因と対策を検討させ、行動計画を調整する
「うまくいかなかった原因で思い当たるものは何?」
「その原因に手を打つとしたらどんな方法がある?」
「それはいつから出来そう?どの位の期間でできるようになりそう?」



OJTの指導方法

・人が能力を身につけ、成長するのにはさまざまな「経験」の場を提供することが有効

3種類の経験

・知的経験 人から説明を聞く 書物などを読むなどして知識・情報を獲得する
・身体的経験 実際に機械を動かす、体を動かすなどして、体験する
・心的経験 褒められる、叱られる、励まされるなどして動機づけをする

OJTのメリット

@日常業務を通して行われるため、実践的な教育ができる
A各個人の個別ニーズに対応した教育ができる
B教育のための費用がかからない

OJTのデメリット

@当面の業務に限定されるため、体系的、理論的教育にならない
A指導する上司の意欲や能力に左右されやすい
B一度に多くの人数をこなせない



OJT指導のポイント

・楽観的な人間は失敗の原因を変化可能な要素と受け止める

・批判的な見方やフィードバックをしそうになった時は、肯定的な視点へ切り替えてみる

・加点主義
「100点に満たない部分」を指摘せず、指導者は「新人が100点に何点近づいてきたか」に目を向ける
この先もまだ100点に向けて変化が起きる可能性に、新人も指導者も元気になれる。

・肯定的な質問を考える
「どうして段取りよくできないの?」→「もっと段取りよく進めるポイントにはどのようなことがあるか、いくつか考えてみましょうか」

・否定的質問を肯定的な質問に言い換える
否定的な質問
「なぜ、できないのかな?」

肯定的質問
「何があれば、できるようになるのかな?」

・Why(なぜ)の使い方を変える
@Why(なぜ)の質問をWhat(なに)の質問に言い換える
AWhy(なぜ)の質問をHow(どのように)の質問に言い換える
「なぜ、そうしたの?」→「どのようにしたかったの?」
BWhy(なぜ)の質問の主体を、2人称から1人称や3人称に言い換える
「あなたは、なぜ、そうしたの?」→「『なぜ、そうしたのか?』を私たちは考えるH地右葉があるよね」
「『なぜ、そうしたのか?』と私は考えています」



OJTを遂行するにあたってのセルフチェック16

@看護師になろうと思ったきっかけは何か
A看護学校に入学した日に何を思ったか
B看護学校を卒業した日にどのような感動を得たか
C看護師の資格免許状を手にしたときに何を決意したか
D入職した日に感じた不安は何か
E入職した日に感じた喜びは何か
Fプリセプタ―シップの嫌なところはどこだったか
Gプリセプタ―の好きなところはどこだったか
Hプリセプティとして納得できなかったところは
Iプリセプティとして納得できたところは
J日看協の定める看護技術の修得度合は
KどのようなOJTリーダーでありたいか
LOJTフォロワーに最初に伝えたいことはなにか
MOJTのテーマや対象をどのように決めたいか
NOJTリーダーを体験してどのように自己成長できたか
Oこれまで、最も影響をうけた人物はどのような行動をしていたか



プリセプタ―シップについて

プりセプターシップとは

一定期間、マンツーマンで意図的・段階的・系統的な指導を行い新人の能力育成を図る教育方法

目的
・プリセプティーが深刻なリアリティーショックやカルチャーショックを乗り越え、職場生活に対応すること
・短期的・一定期間に確実な成長を遂げ、知識・技術・姿勢を見に着け看護を実践・展開する
・プリセプタ―が役割を遂行することで、指導者として知識・技術・姿勢を養う

プリセプタ―の役割
@支援する
A実用的な教育内容を与える
B現実的な目標を設定する
Cフィードバックを充分行う

新人に仕事を任せる際の指導者の留意点
・日常の仕事ぶりを観察し、新人の仕事の力量を正確に把握する。
・仕事の目標を明確にする
・仕事の全体を任せるのか、部分を任せるのか、仕事の所要時間(予定)はどの位かなどをはっきりさせる
・どの程度フォローするか決めておく
・行う予定の仕事の責任は一緒に持つ

新人に仕事を任せるための条件
・任せようとする「仕事の目的」を理解している
・その仕事を遂行するための知識・技術を60%以上持っている
・その仕事に対する「やる気」を持っている
・マニュアルを理解してその仕事が進められる
・指示・命令を正確に受けることができる
・相談や連絡のポイントを理解し、実践できる
・仕事の途中経過や結果の報告ができる
・組織のルールや礼儀を守ることができる
・感情がコントロールできる
・自分の意見や考えを指導者に伝えることができる

新人に任せてはいけない仕事
・新人の仕事の能力(知識・技術・姿勢)が不足していると思われる場合、また、能力の把握ができていない場合
・初めてさせる仕事
・ハイレベルの問題解決能力を必要とする仕事(クレーム処理、家族・患者の説得・他部門との交渉、過失のお詫びなど)
・緊急の判断を要する仕事(救急や急変した患者への対応など)



ほめ言葉ベスト3

1位すごい
2位さすが
3位がんばってるね



全体のまとめ

・肯定的な質問を考える
・加点主義で眺める
・大切なことは、「私たちの仕事は何か」を語り、新人にも語らせること
・人の成長に関わることは自ら成長することができる
・育てることは、職場ぐるみで行う
・ほめる言葉を覚えること
・行動計画は新人自身が決める
・育成上の教訓は
 「育成は焦らず、急がず、根気よく」
 「育成には体験や経験が不可欠」
 「タイムリーな助言」
 「自覚を持たせ、上司や先輩がフォローする」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新人看護職員実施指導者研修 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる