脳神経外科看護師のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい体位変換ー不適切なケアが褥瘡を悪くする! 大浦 武彦  まとめ3

<<   作成日時 : 2016/03/11 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本のまとめの三回目。



夜間排尿への対策

@人手をかけて、創に優しいおむつ交換を行う
Aおむつ交換をしないですむおむつを使う
B尿吸引ロボ「ヒューマニー」を使用するp38


Aはについては、おむつを吸収力のあるもの、かつよく患者にフィットするものを用いるなどの工夫をするp38

尿吸引ロボ「ヒューマニー」とはこういうもの。

介護の排泄ケア、おむつ交換のことならヒューマニー | 製品情報

夜間のおむつ交換は眠りも妨げるので、
できるだけ少なくしたほうがよいのですね。




留置カテーテルと褥瘡の関係

留置カテーテルは、褥瘡治療に有効に働くといわれている。それは尿が創面に「悪さ」をするものと単純に考えられていたからである。著者もこれまではそう考えていたが、今ではこの考えは間違っていると思っている。留置カテーテルが褥瘡の創によいといわれる本当の理由は、おむつ交換の操作を行わなくてもよいからである。p39

このことは少し驚きだった。

体位変換、おむつ交換による創への影響というのは、
それほど大きいのだなと思った。




仙骨部の褥瘡に対する対策の事例

アルファプラウェルビーのブーメランを2つ組み合わせ、臀部に差し込み仙骨部を浮かせるようにし、クレイドによる自動体位変換、おむつ交換を3人で行い、創に優しいおむつ交換を実施し、仙骨部の褥瘡が改善した。p38p39

アルファプラウェルピーというのは、

商品紹介 | ウェルピー
アマゾンでも売っているけど、

結構な値段がするなと思う。

モルテンの「クレイド」という自動体位変換マットレスは、
販売終了となっていた。

新着情報 | 詳細 | 株式会社モルテン健康用品事業本部

今はさらに進化して「オスカー」という商品になっている。

製品情報 | 高機能エアマットレス | 株式会社モルテン健康用品事業本部

アマゾンだとこういうの。


ちなみに、アマゾンだと「クレイド」のほうもまだ売られている。





マットレスの自動体位変換機能について

現時点で完全なデータは揃っていないが、少なくとも自動体位変換マットレスを使用した際に呼吸機能や消化機能にほとんど影響を与えないことがわかっており、かつ創の治癒には非常によいことが確認されている。p42

関節拘縮が強い人や病的骨突出が著名な人に、オスカーを使う場合、大腿基部から膝下に高さや横幅が十分なポジショニングピローを置き、踵や仙骨部が少し浮くくらいの高さにしておくと、滑ったり転がることはないし、また圧とずれも生じない。p42

褥瘡の改善のためには、極力人の手による体位変換を行わず、
マットレスの自動体位変換機能を利用したほうがよいみたいだな。

将来的に、マットレスの自動体位変換機能がさらに進化して、
看護師の仕事から体位変換やおむつ交換の仕事が減少したら、
仕事の負担はだいぶ減るなと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい体位変換ー不適切なケアが褥瘡を悪くする! 大浦 武彦  まとめ3 脳神経外科看護師のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる