脳神経外科看護師のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 15.解決方法がなかなか出なくても・・・

<<   作成日時 : 2017/02/05 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本より。

メッセージ15
解決方法がなかなか出なくても”問題の所在を明らかにすること”は大切だね。

”問題の所在を明らかにする”というのは、
どこに問題があるのか、ということをはっきりさせるということ。

解決方法が見つからなくても、
どこが問題なのか、何が問題なのかをはっきりさせることがまず大切だと。

そうしないと、
とんちんかんな対策が立てられたりするから。

点滴の間違いとかで、

ダブルチェックをしたのに間違えました!

と、なったときに、

ならばトリプルチェックをしましょう!

ということになったりするみたいに。

問題は、
チェックの回数ではなくて、
ダブルチェックのやり方はどうだったか?
そもそも、
まず最初に一人の人がチェックするときに問題はなかったのか?
という部分なのに。

しかし、
起こった出来事の原因を考えるということも、実はとても難しいことだと思うし、
原因が一つに絞れないことも多いから(というか、ほとんどの場合はそうだと思うけど)、
問題の所在を明らかにするのも簡単なことではないだろう。

まあ、難しいとは言ってもそこから手をつけていくしかないので、
まずは、起きた事実をいろんな視点からよく見てみることが大切だと思う。



本文より。
「今、100歳以上の人の6割は寝たきりに近い状態だそうですよ。100歳以上の人をケアすることは、あまり多くはないでしょう。だから、誰も経験したことがないようなことに今、皆さんもぶつかっているの。大切な経験として受け止めなくてはね」p53

現場では、
本当は日々新しいことに挑戦しているのだろうけど、
単なる繰り返しのように思えてくることがある。

繰り返し繰り返し同じような困難な問題が起きて、
似たような答えのない問題が現れて、
絶望させられる感じというか。

でもそれは、
つねに誰も経験したことのない新しい問題に立ち向かっているのだと、
考えたらどうだろうかと、ちょっと思った。

そうすれば、
絶望する必要はなくなるかな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 15.解決方法がなかなか出なくても・・・ 脳神経外科看護師のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる