看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊現代 2017年 11/25 号 歯は絶対に削るな

<<   作成日時 : 2017/11/14 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


週刊現代 2017年 11/25 号の記事
”歯は絶対に削るな”より

歯と認知症には、深い関係があります。噛むという動作は脳の血流をよくし、記憶に関係する脳の部位『海馬』を活性化する働きがあることがわかっている。p45

上の歯と下の歯の噛み合わせが悪く、上下が接している面積が小さい人ほど、脳の中の記憶や計算を司る部位が活性化していないことが、MRIの検査でわかっている。p45

ものを噛むと、歯と、歯を支えている歯槽骨の周りにある「歯根膜」という膜を通して、食べ物の温かさや冷たさ、味などが、脳の中で生命維持に必要な機能を持つ「視床下部」や、情動や本能などを司る「大脳辺縁系」などに伝わり、刺激する。p45

歯周病を持っている人のほうが、約3割も高い割合で心筋梗塞の発作を起こすことが明らかになっている。p46


看護師として働いていても、
認知症の人が総入れ歯である確率はかなり高い気がしています。

正確なデータはないですが。

脳の機能の低下が先か、
歯の喪失が先なのかは分かりませんけど、
脳と歯、もしくは、歯と全身の状態が、お互いに何かしらの影響を与えていることは、
間違いないだろうなと思います。



私の話ですが、
私は歯のかみ合わせがあまりよくないです。

まあ、今からは治らないですので、
今ある歯を失わないように気を付けたいなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊現代 2017年 11/25 号 歯は絶対に削るな 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる