看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊ポスト 2017年 12/15 号 骨ホルモンがあなたの健康寿命を決めている

<<   作成日時 : 2017/12/06 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


週刊ポスト 2017年 12/15 号 ”骨ホルモンがあなたの健康寿命を決めている”より



骨が分泌するホルモン「オステオカルシン」の作用

・ランゲルハンス島β細胞を増殖させインスリンの分泌量を増加させる
・インスリンの分泌を増やすホルモンであるインクレチンの分泌を増やす
・脂肪細胞に働きかけインスリンの感受性を高めるアディポネクチンの分泌を促す
・動脈硬化を予防する
・記憶力や認知機能を回復させる
・筋繊維を増やすたんぱく質の合成能力の向上に効果がある
・男性の生殖能力を回復させる可能性がある





オステオカルシンの分泌を増やすために

オステオカルシンは、骨を形成する働きを持つ細胞(骨芽細胞)によって分泌される

骨に負担がかかると、その力に耐えられるように骨芽細胞が活性化し、骨質の改善と骨量の増加を目指して働き始める。骨芽細胞が活発化することで、オステオカルシンの分泌量が増加する





骨芽細胞を刺激するための運動

・「かかと落とし」:直立した姿勢でつま先立ちになり、両足のかかとを上げ下げする。
・「ミニジャンプ」:高さ10pほどの台から両足ですとんと降りて着地することを繰り返す





オステオカルシンの量を増やすための食材

ビタミンKが多く含まれる食材(納豆、ブロッコリー、ホウレンソウ)を摂取する




オステオカルシンの分泌量を増やすには、
骨に負荷がかかるような運動、
つまり、歩いたりジョギングしたりすればよいのだろう。

縄跳びなんかもいいかもしれない。

足を使うことが健康維持に効果があるということは、
体験的にもわかっていたことだろうけど、
原因を追究してみると、こういうことに行きつくのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊ポスト 2017年 12/15 号 骨ホルモンがあなたの健康寿命を決めている 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる