看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊現代 2018年 5/19号 60過ぎたら害のほうが多い「日用品」

<<   作成日時 : 2018/05/18 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


週刊現代 2018年 5/19号 60過ぎたら害のほうが多い「日用品」より

気を付けるべき化学物質A

シャンプーのラウレス硫酸ナトリウム
頭皮の脂を必要以上に奪ってしまうため、フケやかゆみをむしろ促進させる。化学物質に過敏な人はアレルギー反応を起こす場合もある

リンスのEDTA−2Ns(エデト酸二ナトリウム)
カルシウム不足や血圧降下、腎機能障害を起こすうえに、発がん性物質とされている

ボディソープのBG(ブチレングリコール)
皮膚から体内に吸収されると、腎機能障害を引き起こすおそれがあるとされる

石鹸の酸化チタン
多量に体内に吸収されると、アレルギー反応の原因となるだけでなく、脳神経や生殖機能に影響を与える可能性がある

ハンドソープのサリチル酸
目や気道を刺激して中枢神経系に影響を与え、筋肉の震えを起こすこともある

洗濯用洗剤のポオリオキシエチレンアルキルエーテル ポリオキシアルキルエーテル硫酸塩
皮膚に触れるとかぶれを起こしたり、長年の使用でアレルギー反応が強まるなど身体にリスクが大きい

食器用洗剤のアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
発がん性や環境への影響が指摘される合成界面活性剤。皮膚障害やアレルギーの原因になるほか、胎児に異常を生じる催奇形性がある

漂白剤のポリオキシエチレンアルキルエーテル 過酸化水素水
皮膚に触れれば肌荒れやただれを起こす。また、呼吸器障害や、動物実験で発がん性が確認されている

浴室用洗剤のベンザルコニウム塩化物
肌荒れ以外の症状が出る可能性も

防カビ剤のアルキルアミンオキシド
環境へのダメージだけではなく、皮膚障害など人体へのリスクもある

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊現代 2018年 5/19号 60過ぎたら害のほうが多い「日用品」 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる