アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「基礎技術・知識」のブログ記事

みんなの「基礎技術・知識」ブログ

タイトル 日 時
ハイリスク内服薬における薬効一覧
ハイリスク内服薬における薬効一覧 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 22:20
留置ポート管理の最新技術
留置ポート管理の最新技術 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/28 21:57
末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 血管アクセスデバイスの選択基準
末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 血管アクセスデバイスの選択基準 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/26 22:20
末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 
末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術  この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 21:46
PICC・留置ポートの扱い方 輸液投与期間による輸液器材の選択
PICC・留置ポートの扱い方 輸液投与期間による輸液器材の選択 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 21:24
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 胃管カテーテル管理のテクニック
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 胃管カテーテル管理のテクニック この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 22:09
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 口腔ケア
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 口腔ケア この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 06:18
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 NPPVのテクニック
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 NPPVのテクニック この本より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 22:44
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 気管吸引実施前の判断 呼吸状態の変化
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 気管吸引実施前の判断 呼吸状態の変化 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 17:31
新たな肺炎治療の考え方
新たな肺炎治療の考え方 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 23:17
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン製剤
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン製剤 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 06:45
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン自己注射における各操作の注意点
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン自己注射における各操作の注意点 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/07 06:17
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン製剤/注入器のトラブル
起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン製剤/注入器のトラブル この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 06:19
起こしちゃいけないインスリンの事故! 
起こしちゃいけないインスリンの事故!  この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 22:45
輸血 Ir-RBC-LR(照射赤血球液-LR「日赤」)の一単位の量
新人を指導するときの豆知識 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 23:05
Ir-RBC-LRの「Ir」と「LR」の意味
新人を指導するときの豆知識。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 22:50
代謝性アシドーシスの時にメイロンを投与する理由
新人指導のための復習。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/03 23:42
過信しないで!パルスオキシメータ 
過信しないで!パルスオキシメータ  少し古いですがこの雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 08:04
この薬とあの薬キケン! 「混注」「ライン投与」で注意したい主義
この薬とあの薬キケン! 「混注」「ライン投与」で注意したい主義 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 07:37
この薬とあの薬キケン! 投与間隔・順番に注意したいくすり
この薬とあの薬キケン! 投与間隔・順番に注意したいくすり この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 06:27
この薬とあの薬キケン! ”薬効が弱く出る”相互作用
この薬とあの薬キケン! ”薬効が弱く出る”相互作用 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 22:15
この薬とあの薬キケン! 相互作用 禁忌薬(静注・内服など)
この薬とあの薬キケン! 相互作用 禁忌薬(静注・内服など) この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 21:59
この薬とあの薬キケン! 混注後、投与までの時間が限られくすり
この薬とあの薬キケン! 混注後、投与までの時間が限られくすり この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 16:32
この薬とあの薬キケン! 混注時に注意したいくすり(溶解液や順番に特殊性があるもの)
この薬とあの薬キケン! 混注時に注意したいくすり(溶解液や順番に特殊性があるもの) この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 16:07
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 22:46
この薬とあの薬キケン! 配合禁忌薬・単独ライン指定薬
この薬とあの薬キケン! 配合禁忌薬・単独ライン指定薬 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 22:35
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/23 07:37
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」
この薬とあの薬キケン! 混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 10:24
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2 モニタ管理
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2 モニタ管理 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/21 23:36
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2
使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 07:38
今さら聞けない”眠剤”の使い方 睡眠薬・種別の特徴
今さら聞けない”眠剤”の使い方 睡眠薬・種別の特徴 この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 21:54
今さら聞けない”眠剤”の使い方 観察のポイントQ&A
今さら聞けない”眠剤”の使い方 観察のポイントQ&A この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 22:54
痰を出す技術 痰をだすための体位調整・呼吸介助のポイント
痰を出す技術 痰をだすための体位調整・呼吸介助のポイント この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 09:41
痰を出す技術 臥床(寝たきり)患者の吸引と注意ポイント
痰を出す技術 臥床(寝たきり)患者の吸引と注意ポイント この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 08:43
痰を出す技術 挿管患者の吸引・排痰ケア
痰を出す技術 挿管患者の吸引・排痰ケア この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 23:27
痰を出す技術 ”本当にそれは痰なの?”見直したい吸引のアセスメント
痰を出す技術 ”本当にそれは痰なの?”見直したい吸引のアセスメント この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 22:47
ネブライザー療法の効果と手技の根拠  ネブライザー療法の本当の効果Q&A
ネブライザー療法の効果と手技の根拠  ネブライザー療法の本当の効果Q&A この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 10:25
ネブライザー療法の効果と手技の根拠  ネブライザー療法の本当の効果Q&A
ネブライザー療法の効果と手技の根拠  ネブライザー療法の本当の効果Q&A この雑誌より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 09:07
ネブライザー療法の効果と手技の根拠  吸入療法にもちいられる装置の種類と特徴
ネブライザー療法の効果と手技の根拠   吸入療法にもちいられる装置の種類と特徴 この雑誌の特集より。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 23:27
尿道留置カテーテル抜去の基準
尿道留置カテーテル抜去の基準 職場で新人に教える必要性もあり、 基礎の復習。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 22:56
輸液カテーテル管理の実践基準 日本VADコンソーシアム (編集)
輸液カテーテル管理の実践基準  日本VADコンソーシアム (編集) この本、 さっそく買って読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 08:57
酸素投与時の加湿
酸素投与時の加湿 この本の特集のまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 22:01
酸素投与の適応と評価
酸素投与の適応と評価 この雑誌の特集の部分を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/20 06:31
酸素療法に使う物品 低流量システム 高流量システム
酸素療法に使う物品 低流量システム 高流量システム この雑誌の特集のところを読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/15 06:03
採血に関する勉強会のまとめ
採血に関する勉強会のまとめ 採血に関する勉強会があったのでそのまとめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 23:07
ホルモン検査データの読み方(ACTH CRH コルチゾールとT3 T4 TSH)
家にあった資料を整理してまとめている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/14 22:50
採血時に神経損傷を起こしやすい血管と神経
採血時に神経損傷を起こしやすい血管と神経 採血時に神経損傷を起こしやすい血管と神経 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 21:25
「中心静脈ポートの使い方」 Q&Aの部分
「中心静脈ポートの使い方」 Q&Aの部分 この本の改定前の版が、 図書室にあったので読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/04 22:19
中心静脈ポートの使い方
中心静脈ポートの使い方 この本の改定前の版が、 図書室にあったので読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/23 22:32
呼吸器のアラーム 無呼吸アラーム
呼吸器のアラーム 無呼吸アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/27 19:26
呼吸器のアラーム 換気回数上限アラーム
呼吸器のアラーム 換気回数上限アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/27 19:01
呼吸器のアラーム 分時換気量上限アラーム
呼吸器のアラーム 分時換気量上限アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/22 09:51
呼吸器のアラーム 分時換気量下限アラーム
呼吸器のアラーム 分時換気量下限アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/22 09:40
呼吸器のアラーム 気道内圧上限アラーム
呼吸器のアラーム 気道内圧上限アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/20 23:13
呼吸器のアラーム 気道内圧下限アラーム
呼吸器のアラーム 気道内圧下限アラーム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/20 22:59
利尿薬の特徴と種類
利尿薬の特徴と種類 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/19 21:48
血管外漏出に注意したい薬剤・輸液
血管外漏出に注意したい薬剤・輸液 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 20:37
ネブライザーの管理について
ネブライザーの管理ついて ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/19 17:33
ノロウイルスに関する知識
ノロウイルスに関する知識 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/16 17:56
ショック指数(shock index)
最近医師が、 「HR>血圧の場合ドクターコール」 という指示を出したことがあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 07:04
人工呼吸器モード略語の覚え方
人工呼吸器のモードの略語を覚えるときには、 略語の元となっている英単語を覚えてしまうと、 モードの大まかな機能と関連付けて覚えらるので、 よい思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/22 06:59
高カルシウム血症の原因疾患
原発性副甲状腺機能亢進症 悪性腫瘍。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 17:07
血液透析(HD)と持続的血液ろ過透析(CHDF)の違い
血液透析(HD)の目的は、 腎不全患者の血液浄化と除水。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/12 07:02
透析の略語の覚え方
透析については、 経験が少ないのであまりよく分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 06:14
急性腎不全について
集中治療室などで、 患者さんを観察していて、 おしっこが突然出なくなったりすることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 07:19
緊急に対処しないといけない不整脈
循環器の病棟だったら、 心電図モニターとはいつもにらめっこでしょうけれど、 そのほかの病棟でも、 これはおかしいな? と、心電図をみてすぐにわかれば、 医師に報告するのが早くできるだろうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 07:10
深在性真菌症について
深在性真菌症は、 血液疾患や化学療法中の患者さんなど、 好中球の減少している患者にも起こりますが、 ICU入室中など重症の患者さんにも起こりやすいのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 07:16
肺炎の重症度分類 A‐DROPシステム
肺炎の重症度については医師が判断することですが、 その判断のされかたについて看護師としても分かっていると、 よいのではないかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 07:16
心嚢穿刺の手技について
急性心タンポナーデのときに緊急で行う処置。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/25 06:39
気管挿管ができない時の対処 緊急輪状甲状靭帯切開
気道内異物などにより、気管挿管を行えない場合は、 緊急輪状甲状靭帯切開を行うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/24 07:26
中心静脈ルートの穿刺部位
看護師としては、 中心静脈ルートの穿刺方法まで詳しく知っている必要は無いでしょうけど、 医師がいま何をしているのかが分かると、 次の対応がすばやくなってよいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 07:08
気管挿管が適応になるときについて
気管挿管の適応を判断するのは医師の仕事なのだろうけど、 看護師としてそれを知っていると、 そろそろ挿管になりそうだな、 と、心の準備や物品の準備が事前にできて、 よいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/22 06:48
気管挿管チューブの太さと適切な吸引チューブの太さ
気管挿管チューブの太さは、 内径が男性8mm、女性7.5mmを中心にして、 それより一ランク細いチューブと太いチューブを準備し、 そのなかから選択される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/03 08:17
瞳孔の所見
縮瞳:脳幹部の障害 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/24 06:40
中心静脈圧を測定する時の基準点
中心静脈圧は、カテーテルの先端が右心房付近にある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/24 06:20
腰椎穿刺後の観察ポイント
腰椎穿刺によって脳脊髄液を採取すると、 髄液圧が低下するため、 頭痛、頭重感、悪心、嘔吐、めまい、ふらつき、 などが現れることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/22 06:50
腰椎穿刺の部位
成人では、 第3〜4腰椎間、もしくは、第4〜5腰椎間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/22 06:37
低音やけど(低音熱傷)のおきる理由
熱傷の深さは、 温度とその持続時間で決まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 06:47
冷罨法 温罨法の目的
温罨法 血管を拡張し、血液量の増加や代謝産物の運搬の促進を図る 知覚神経の興奮しずめ、鎮痛効果を得る 腸蠕動を亢進させ、排便、排ガスを促進させる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/15 06:39
ドレーンの種類
管腔ドレーン:陰圧により強制的に排液を図ることができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/14 06:06
腹部ドレーンの挿入部位
腹部のドレーンは、腹腔内で液体が溜まりやすい場所、 ウィンスロー孔、ダグラス窩、モリソン窩、横隔膜下腔、結腸下腔、 などに留置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/14 06:00
気胸、胸水での穿刺部位
気胸 空気は上にたまるので、鎖骨中線の第2・3肋間を穿刺する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 05:16
気管吸引を行う時に、滅菌手袋を使用するか?未滅菌手袋を使用するか?
気管吸引を行う際に、 滅菌手袋を使用するか未滅菌手袋を使用するかについては、 「滅菌手袋の使用で有効に感染を防止できる」というエビデンスはないとされている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 09:40
気管切開時の吸引カテーテルの挿入の長さ
気管切開時には、 気管分岐部の3〜5cm上にカテーテルの先端がくるように、 10cmくらい入れて吸引する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 09:23
気管吸引の時間と合併症
10秒から15秒。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 07:35
口腔、気管吸引時の吸引圧
口腔内では、100mmHg〜200mmHg。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 07:01
低流量の酸素投与時の加湿には根拠がない
低流量の酸素投与時、 鼻カヌラで4L/分まで、ベンチュリーマスクでは酸素濃度40%までは、 酸素加湿に根拠はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 06:51
点滴ボトルの薬液が空になっても、薬液が点滴ルート内で自然にとまるのはなぜか?
点滴ボトルの薬液が空になっても、 薬液は点滴ルートの中で自然に止まって、 空気が患者さんの体の中に入ってしまうことはない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/30 06:43
インスリン皮下注射のあと皮膚をもまないのはなぜか
皮下注射終了後は、 注射部位をもんで薬液の吸収しやすくすることがあるが、 インスリンの場合は、 一定の吸収速度・作用時間を保つ必要があるので、 (その時間を考慮したうえで薬品が作られているので) もんで薬液の吸収を促進させることは行わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 06:25
筋肉注射の注射部位
筋肉注射の注射部位は、上腕の三角筋前半部、大腿前外側中央部、中殿筋など。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 06:21
皮下注射、筋肉注射の針の刺入角度
皮下注射 10度〜30度 筋肉注射 皮下脂肪の薄いところは45度〜皮下脂肪の厚いところは90度 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 06:17
息が苦しいときに半座位や座位になるのはなぜか
座位や半座位の姿勢だと、横隔膜が下がり、呼吸がしやすくなる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/18 05:44
痙性麻痺と弛緩性麻痺がおきる場合の違い
大脳半球の障害・運動領野第4野が障害されると、弛緩性麻痺となり、バビンスキー徴候を伴う。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 05:39
下肢が外旋位のままでいたときに障害されやすい神経は?
腓骨神経麻痺。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 05:32
膀胱留置カテーテル〈バルンカテーテル)の固定方法
女性の場合は、大腿部に固定すると、膣からの分泌物によるカテーテルの汚染を防ぐことができる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 06:48
男性の尿道にカーテルを挿入する時の角度
男性の尿道にカーテルを挿入する時の角度 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 06:12
トイレで浣腸を実施してはいけないのはなぜか?
トイレで浣腸を実施してはいけないのはなぜか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 06:00
浣腸の禁忌
浣腸の禁忌 @脳動動脈瘤破裂の恐れがある場合 A全身の衰弱が激しい場合 B腸管の穿孔・腸管内出血の恐れのある場合 C下部消化管術後、急性腹症が疑われる場合 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 05:58
高圧浣腸のときの肛門から液面までの高さ 注入速度 注入量
高圧浣腸のときの肛門から液面までの高さ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/07 15:23
浣腸のときのカテーテルの挿入の長さ
4cm〜6cm。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 07:08
浣腸のときの体位
左側臥位。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 07:00
絶食していても便が出るのはなぜか?
便を構成する成分のうち、食べ物の残滓はおよそ5%に過ぎない。 大半は水分(60%)が占め、次に多いのが腸壁細胞の死骸(15%〜20%)である。 また、細菌類の死骸(10%〜15%)も食べ物の残滓より多く含まれる。 ↓ 糞 - Wikipedia ということで、 食べなくても便が出ることはある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/08 06:52
排便を促すために第4〜5腰椎のあたりを温める理由
直腸や肛門括約筋に分布している仙髄2〜4骨盤内蔵神経は、解剖学的に第4〜5腰椎の部位に相当する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/06 15:49
便秘の種類
大腸性便秘    弛緩性便秘 大腸壁の緊張の低下 蠕動の不良 硬い便となる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/06 15:06
鎖骨下静脈から中心静脈カテーテルを挿入したときの先端の位置
上大静脈。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 07:14
鎖骨下静脈に中心静脈カテーテルを挿入するときに挿入しやすい姿勢
仰臥位で足を少し上げる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/03 10:04
中心静脈挿入部位による利点と欠点 内頸静脈 鎖骨下静脈 大腿静脈
内頸静脈 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/09/01 06:29
胃洗浄時左側臥位とするのはなぜか
左側臥位では、胃の大弯部が下になり、胃内容が十二指腸に流れ込んでしまうのを防げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/27 07:19
乳幼児が腹式呼吸なのはなぜか?
胸式呼吸は、胸郭の形を変えて、胸腔内容量を変化させて行う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/27 06:54
SaO2とSpO2の違い
SaO2の「a」は、 arterial(意味は「動脈の」)という単語の頭の「a」で、 動脈血の酸素飽和度。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/25 07:05
聴診法で血圧を測定するとき拡張期血圧以降の血管音が聞こえる場合
甲状腺機能亢進症、貧血、妊娠、運動後、大動脈弁閉鎖不全症などでは、 聴診法で血圧を測定するときに、 拡張期血圧以降0mmHgになるまで、 血管音が聞こえる場合がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/25 06:37
脈拍測定時に、首を回したり曲げたりしてはいけない
橈骨動脈で脈拍を測定するときに、首を曲げたりまわしたりすると、鎖骨が後下方に引っ張られ、鎖骨下動脈が圧迫され、橈骨動脈に脈派が伝わりにくくなることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 06:27
脈拍は3本の指(示指、中指、環指)で測る
脈拍は3本の指(示指、中指、環指)で測る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 06:19
鼓膜温の測定での注意点
鼓膜温の測定では、 体温計を挿入するときに耳を後ろ斜め上に引き上げる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/08 05:42
血圧を測定しないほうが良い腕
麻痺側、点滴をしている、ケガをしている、シャンとがある、など。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/06 06:46
片麻痺がある場合の体温と血圧の測定
片麻痺がある場合、 麻痺側では血液循環が悪くなり、正確に体温が測れないことがあるので、 健側で測定する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/06 06:45
一日の体温の変化
午後3時から8時が最も高く、就寝時の午後2〜6時の間が最も低くなる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 06:42
側臥位では、上腕の腋窩温の方が高い
下側の腋では、圧迫されて血流が悪くなるから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/06 06:41
体位変換の時間間隔はどのくらいがよいのか?
体位変換はどのくらいの時間間隔で行ったらよいのかと、 効果的なポジショニングについて書かれた記事。 ↓ http://nurse-senka.jp/member/feature/?action_feature_detail=true&feature_id=87 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/04/22 04:37
褥創と比較的すぐに消える発赤とを見分ける方法
褥創と、比較的すぐに消える発赤とを見分ける方法がかかれた記事。 ↓ http://nurse-senka.jp/member/feature/?action_feature_detail=true&feature_id=26 (読むには会員登録が必要。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/19 09:41
酸素の投与方法と流量、加湿について  酸素流量が少ない場合は加湿はいらない?
酸素療法についてわかりやすくかかれた記事がありました。 ↓ http://nurse-senka.jp/member/feature/?action_feature_detail=true&page=1&feature_id=364 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/16 16:52
経管栄養の投与速度と逆流予防の試み
経管栄養の投与速度と、逆流予防の試みについて書かれた記事。 ↓ http://nurse-senka.jp/member/feature/?action_feature_detail=true&page=2&feature_id=79 (読むのには会員登録がいります。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/15 09:35
看護師の基本技術・知識5  経管栄養のチューブの長さ
経管栄養のチューブの長さ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/21 10:41
看護師の基本技術・知識4  経管栄養注入後は、
経管栄養注入後は、患者を30分程度ファーラー位にして、逆流を防ぐ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/20 10:47
看護師の基本技術・知識3  経管栄養チューブの挿入時のポイント
経管栄養チューブの挿入時、鼻から12cmから15cm挿入したところで、咽頭部に達する。 ここで患者の頭部をやや前屈させて、患者さんの嚥下運動にあわせて約10cmほどチューブを進め、喉頭蓋を越える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/20 10:46
看護の基本技術・知識2 経管栄養剤の注入速度
経管栄養剤の注入速度は、 安定しているときには一般に200mlを一時間かけて入れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/20 10:43
看護の基本技術・知識1 患者さんのベッドの高さ
患者さんのベッドの高さ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/20 10:40

トップへ | みんなの「基礎技術・知識」ブログ

脳神経外科看護師のブログ 基礎技術・知識のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる