看護に役立ちそうなサイト  日本看護協会のサイト(登録が必要)

日本看護協会のサイトは、
私が紹介するまでもなく看護師には必読でしょうけど、
ここを活用するならば、
登録しないと意味がありません。


登録にはメールアドレスと、
日本看護協会へ会費を納付(看護師はほとんど強制)することによってもらえる登録番号が必要。

で、登録すると、
JDreamⅡという論文データベースの検索と、
看護系の文献データベースの検索が出来るようになる。

そのほかにも、
認定看護師になる学校の入学試験問題とか、
その他資料があるけれど、
そちらはそんなに充実してない気がする。

(高い会費払っているので、
もうちょっとがんばってほしい。)



しかしまあ、
看護研究でもやらない限り論文データベースの検索は必要ないかも知れない。

それに、少しおっきめの病院ならば、
司書さんがいる図書室とかがあって、
そこには職員ならタダで使える論文検索システムがあって、
司書さんにほしい論文を頼めば、
すぐに取り寄せてくれるようになっている。

(それもこのサイトで頼むよりも格安な料金で。
なので、私もたいてい病院の図書室を使う。)



なのでこの際との活用としては、
自宅とかでのんびりと論文の検索をしておいて、
読みたいやつがあったらメモしといて図書室の司書さんにお願いする、
という方法か、
論文のアブストラクト(サマリー、まとめのようなもの)を読んで我慢する、
というくらい。




しかし、
看護師としてある程度経験を積んでくると、
現場の知識、
だけでは通用しなくなるところがあって、

最近の論文にはこういうことが書かれている、

というようなことも知識として持っていないと、
まずいだろうと思う。


現場の経験、
だけでは、
教育的立場になったり、
他のスタッフ(自分よりも経験が上の人も含めて)に何かを伝える必要があったり、
今の職場のレベルをもっと向上させようとか考えたときに、
説得性を十分に発揮することがでないのだ。


もっと簡単に言うと、

情報は、まだあまり多くの人に知られていないものの方が、
そういう情報を持っていた場合に、

スゲぇー!

と相手に思わせることができて、
リーダーシップの面などで何かと有利。
(ひけらかさないことが重要。)


ということで、
自分をちょっとレベルアップさせたいときに活用したいサイトなわけである。






最後にこのサイトへの要望としては、
文献をPDFにしてでダウンロード販売してもらえないだろうか?
ということ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック