闘病記のすすめ

アステラス製薬が2009年8月から9月までの2ヶ月間、
「病気が教えてくれたこと」エッセイコンテスト、
というのを行い、
そのコンテストの11,970通という応募のなかから、一次審査を通過した全739作品が、
「こころの辞典」としてネット公開されている。

こころの辞典

その中から、
120作品が書籍化もされている。


病気が教えてくれたこと
文藝春秋企画出版部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 病気が教えてくれたこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




患者さんの視点を学ぶという意味でも、
看護師にとって闘病記というものは有用だと思う。

このこころの辞典にまとめられた作品は、
患者さんの視点を学ぶ、
というよりも、
読んでて心が温まる、
という効果のほうが大きいかもしれないけど。

そういう効果も、
看護師にとって必要だろうとは思う。




看護師向け書籍

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック