この薬とあの薬キケン! ”薬効が弱く出る”相互作用


この雑誌より。

新人指導のための自己学習用として。


”薬効が弱く出る”相互作用

①CYPの誘導

フェノバルビタール注射液と、アドシルカ錠、エジュラント錠、ブイフェンド錠、などを併用すると、CYPの作用が増強され、薬の代謝が促進される。



②吸収の阻害

オメプラール注用、タケプロン静注用などにる胃酸分泌抑制作用により、エジュラント錠、レイアタッツ錠などの併用薬の吸収が低下し、併用薬の効果が見られないことがある



③薬物の分布に影響

カルバペネム系抗菌薬によりデパケンの血中濃度が低下し、てんかん発作が再発することがある

カルバペネム系抗菌薬
オメガシン点滴用
カルベニン点滴用
チエナム筋注用・点滴静注用
フェニバックス点滴静注用
メロペン点滴用



”副作用”が出る相互作用

インターフェロン製剤(ベガシス皮下注)と小柴胡湯では、副作用である間質性肺炎の頻度が高くなるといったデータが報告されているため併用してはいけません。p49


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック