起こしちゃいけないインスリンの事故! 


この雑誌より。

新人指導のための自己学習用としてのまとめ



起こしちゃいけないインスリ事故!


インスリンの濃度は100単位/mlで、1バイアル1000単位に統一されている
p60




製剤名の表記

ノボリンRの「R」は速攻型(rapid-acting insulin)を表す

ノボリン30Rの「30R」は、30%のR注(速攻型)と70%のN注(中間型インスリンNeutral Protamine Hagedorn Insulin)を混合したもの
p62


バイアル製剤は
ブランド名+製剤組成の情報(R,N等)+注+100単位/ml

ヒューマリンR注100単位/ml

カートリッジ製剤、プレフィルド(キット)製剤は
ブランド名+製剤組成の情報+注+容器の情報

ノボラピッド30ミックス注フレックスペン
p64




スライディングスケールは、術後やシックディ、妊娠などで引き起こされた高血糖を短期間に調節する目的で用いられる
p65

急性期のインスリンのスライディングスケールは、開始一週間程度で切り替えがあることを意識しておく
p66

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック