ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト


この本より。

「時間がないから仕方がない」と”効率的”なケアを続けることで生じる最も大きな代償は、このような戦いに疲れてしまった職員の離職です。ケアをする人の多くは「誰かのために役立つ仕事」としてこの職業を選んでいます。自分が選んだ職業に価値を見いだし、継続していくためには、ケアを受ける人とケアをする人の双方が楽しみと満足を得ることが重要であり、それを実現できる技術があるのです。p121

ケアを受ける人とケアをする人の双方が楽しみと満足を得ることが重要であり、それを実現できる技術
というのが「ユマニチュード」ということですね。

現場の「時間がない!」は、
年々ひどくなっていくので、
結局、
”効率”のほうが勝ってしまうのかもなと、
思うこともあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック