Running Style ランナーの新常識2018


Running Style ランナーの新常識2018

レジスタンストレーニングによって低下した筋持久力の回復には、10日前後は要するp27

睡眠時間が8時間以上の人のがんの発症率は、4時間以下の睡眠不足の人たちとほぼ同じp28

適度なストレスはアドレナリンを分泌させ、免疫を高めるためには必要p28

免疫を高めるために走るなら、運動強度が高すぎないジョギングなどを中心にしたトレーニングを行うのが正解p28

肺を動かすために動く呼吸筋は疲弊するものの、2.5時間ほど安静にすれ肺活量は回復し始め、約24時間内には元の値に戻るp29

成長ホルモンの分泌は決まった時間に増えるのではなく、入眠後の80~110分の深い眠り(ノンレム睡眠)の間にピークを迎えるp30

かんきつ類に含まれる「ソラレン」は光毒性という性質を持つ成分で、紫外線に過敏に反応して肌にダメージを与えてしまうp30

筋損傷の回復は女性の方が早いp30

一日30分のランでストレス耐性がつくp32


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック