看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊現代 2018年 11/24患者の体験から「飲まないほうがいい薬」「やめておいたほうがいい手術」

<<   作成日時 : 2018/11/17 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週刊現代 2018年 11/24 患者の体験から「飲まないほうがいい薬」「やめておいたほうがいい手術」

病名症状:胃炎、逆流性食道炎
薬品:ランソプラゾール(タケプロン)、エソメプラゾールマグネシウム水和物(ネキシウム)
副作用:大腸炎、下痢

病名症状:高脂血症
薬品:ロスバスタチンカルシウム(クレストール)
副作用:横紋筋融解症

症状病名:骨粗鬆症
薬品:アレンドロン酸ナトリウム水和物(ボナロン、フォサマック)
副作用:顎骨壊死

病名症状:関節痛、筋肉痛
薬品:ケトプロフェン貼付剤(モーラスなど)
副作用:光線過敏症、かゆみ

病名症状:めまい
薬品:ベタヒスチンメシル酸塩(メリスロン)、ジェフェニドール塩酸塩(セファドール)
副作用:頭痛、発疹

病名症状:便秘
薬品:センノシドA・B(プルゼニド)、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン)
副作用:腸機能の低下、便秘の悪化

病名症状:認知症
薬品:ドネペジル塩酸塩(アリセプト)
副作用:性格が暴力的に



薬は、どんな薬にも副作用があるので、
薬によって受ける恩恵が、副作用について考慮しても十分に大きいと考えられる場合にのみ、
飲むものだと思う。

何となく漫然と薬を飲み続けるというのは、
よくないのだな。

薬の副作用は、
薬を飲んでいる本人も気が付かないところであらわれていることもあるので、
看護師としても、薬の副作用についても意識して、
患者さんの変化を注意深く観察できるようにならないといけないなと思う。

ただ最近は、
後発薬品がたくさん出回って、
薬の名前をいろいろ覚えるのもかなり大変ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊現代 2018年 11/24患者の体験から「飲まないほうがいい薬」「やめておいたほうがいい手術」 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる