たった2分の歩行でも健康に有益

米国心臓協会年次集会(AHA 2018、11月10~12日、米シカゴ)で発表された最新版のガイドラインでは、たった2分程度の歩行であっても運動することは健康に有益とする見解が示された。
ということです。

「たった2分の歩行でも健康に有益」、米国の身体活動ガイドライン|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット


記事の中で、
運動の効果として挙げられているのは以下。

・短時間の運動でも頭がすっきりして不安感が軽減する
・よく眠れるようになり、血圧値や血糖値が改善する
・脳の健康が向上し、8種類のがんの発症リスクが低減
・体重増加を抑えられる
・変形性膝関節症や高血圧、2型糖尿病、不安や抑うつなどの慢性疾患が改善される
・認知症や多発性硬化症、注意欠陥多動症(ADHD)、パーキンソン病などの患者の脳機能の改善にも役立つ


体はできるだけ動かしたほうが良いのだなと思います。

看護師としては、
仕事でけっこう体を動かしているので、
家に帰ると疲れてのんびりしたくもなります。

私としては、
普段は、軽いジョギングやストレッチ、体幹を鍛える運動などするようにして、
休みの前の日などには、筋トレや少しペースを上げて走ったりしています。

看護師は体が資本ですので、
運動をして体力を保つことも、
仕事の一環かなと思っています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック