週刊ポスト 2019年 1/25 号 術後の痛み止めを「飲む」か「飲まない」か

週刊ポスト 2019年 1/25 号 あなたの健康二者択一 迷ったらこっちだ!

術後の痛み止めを「飲む」か「飲まない」か


痛みが出始めたら我慢せずに痛み止めを飲んだほうが良いですが、『痛みが出る前に予防として飲むこと』はやってはいけませんp57

看護師として働いていても、
なにかしら痛みのある患者さんが痛み止めを飲むか飲まないか迷っているときに、

「今痛みがあるなら、我慢しないで痛み止めを飲んだほうがいいと思いますよ」

と、話をする場合がある。

痛みのある状態というのは、ほんとにつらいものだし、
最近の痛み止めは結構効くと思うので、
痛み止めを飲んだ患者さんからは、

「楽になりました、痛み止めを飲んでよかったです」

と、
言われることが多い。

一方、
あまり痛そうでなくても痛み止めを飲みたがる方には、

「痛み止めにも副作用がありますので、痛みがそれほどでないときにはあまり飲まないほうが良いと思いますが」

と。話をすることがある。

どちらを選択するかは、
看護師としてのバランス感覚ですか。

そのように話しても痛み止めを飲みたいといわれる方には、
看護師に断る権利もないと思うので、
痛み止めをお渡しします。

しかしそれでも、
そんなに痛み止めを飲まないほうがいいのではないかなと心の中で思っているときには、
相手になにかしらを伝えようという努力はする。

患者さんにとってメリットのあるほうを、看護師として精いっぱい考えれて行動すれば、
何かしら伝わるかなと思いながら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック