ゾフルーザの出荷調整

塩野義製薬(大阪市中央区)は、抗インフルエンザウイルス薬のバロキサビルマルボキシル(商品名ゾフルーザ)で、20mg錠の規格について、想定を超える需要が発生したため、卸売業者への送品を調節していることが日経ドラッグインフォメーションの取材で分かった。
というjことです。

手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由:DI Online

このことは、
インフルエンザの流行が、予想以上にひどい、
ということを表しているのだと思います。

逆に言えば、
ゾフルーザが使用されるようになっても、
インフルエンザの流行が抑えられるわけではない、
ということでもあります。

ゾフルーザは、増殖自体を抑える。症状の改善効果はタミフルと同等だが、ウイルスを殺す力は100倍も大きく、周囲への感染防止効果がある可能性もある
というような話もありましたが、

インフル新薬「ゾフルーザ」 タミフルとどこが違うの?…使い勝手がいいのに、専門家が「慎重な使用」を求めるワケ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
そうでもないのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック