看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ゾフルーザの出荷調整

<<   作成日時 : 2019/01/22 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

塩野義製薬(大阪市中央区)は、抗インフルエンザウイルス薬のバロキサビルマルボキシル(商品名ゾフルーザ)で、20mg錠の規格について、想定を超える需要が発生したため、卸売業者への送品を調節していることが日経ドラッグインフォメーションの取材で分かった。
というjことです。

手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由:DI Online

このことは、
インフルエンザの流行が、予想以上にひどい、
ということを表しているのだと思います。

逆に言えば、
ゾフルーザが使用されるようになっても、
インフルエンザの流行が抑えられるわけではない、
ということでもあります。

ゾフルーザは、増殖自体を抑える。症状の改善効果はタミフルと同等だが、ウイルスを殺す力は100倍も大きく、周囲への感染防止効果がある可能性もある
というような話もありましたが、

インフル新薬「ゾフルーザ」 タミフルとどこが違うの?…使い勝手がいいのに、専門家が「慎重な使用」を求めるワケ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
そうでもないのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゾフルーザの出荷調整 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる