看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊ポスト 2019年 1/25 号 寒気を覚えたら「解熱剤」か「漢方薬」か

<<   作成日時 : 2019/01/12 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週刊ポスト 2019年 1/25 号

寒気を覚えたら「解熱剤」か「漢方薬」かp54

寒気や熱は風邪を初期症状のうちに治すための防御反応です。

漢方薬は、このような体の免疫力を高めることでウイルスを退治するのです。

一方解熱剤は、そうした「自然治癒力」を損なう恐れがある。

解熱剤は、風邪を根治するのではなく、諸症状を抑えてつらさを和らげるための薬です。これにより、発熱、咳、鼻水といった防御反応を抑え込むとウイルスと戦えなくなり、逆に風邪が長引く恐れがあります。


私は風邪を引いても一般的な風邪薬は飲まないようにしている。

熱があるけどどうしても活動をしないといけないときにだけ、
解熱剤を飲むくらい。(カロナールを飲むことが多い)

ゆっくり休めるときには、
寝る前に橋本七度煎というのを飲んで寝ていた。

体が温まって、気持ちよく眠れる感じがして、
ぐっすり眠るとその後、
体がずいぶんと楽になる感じがしたものだ。

まあ、
そう感じていただけかもしれないけど。

しかしこの橋本七度煎という漢方は、
製造中止になっていて、
もう手に入らないのだそうだ。

少し前に、
我が家にあった最後の一つを飲んでしまって、
もう飲めない。

残念だなと思う。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊ポスト 2019年 1/25 号 寒気を覚えたら「解熱剤」か「漢方薬」か 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる