揚げ物の摂取頻度が死亡リスクに影響

揚げ物、とくにフライドチキンや魚介類のフライの頻回摂取は、全死因死亡および心血管死亡のリスクを高めることが、米国・アイオワ大学のYangbo Sun氏らによる、閉経後女性を対象とした大規模前向きコホート研究「Women's Health Initiative(WHI)研究」のデータ解析の結果、示された。
ということ。

揚げ物の摂取頻度が死亡リスクに影響/BMJ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事で示されている数値をみると、
わずかな差のような気もしますが、
それでも死亡リスクが高まるといわれると、
気分がいいものではないですね。

そんなこと考えながら揚げ物を食べるのも、
つまらないですし。

どうせなら、
「あー、幸せ!」
って、
思いながら腹いっぱい食べたいです。


ちなみに自炊をすると、
揚げ物をするのは面倒なので、
揚げ物を食べる機会がものすごく減ります。

もちろん、
デパ地下とかスーパーとかでお惣菜の揚げ物を買わなければですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック