ビタミンB12値の上昇は短期のがんリスク増加と関連している

ビタミンB12値の上昇は短期のがんリスク増加と関連している
ということです。

ビタミンB12値、がんの早期発見に利用できるか|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

がんになると、
血中のビタミンB12の値が高くなる場合がある、
ということで、
ビタミンB12に発がん性がある、
ということではない。

ちなみにビタミンB12は、
魚介類、レバー、海苔(のり)に多く含まれ、
葉酸と共に赤血球の形成に関与し、悪性貧血を防ぐ。神経細胞の核酸やたんぱく質を合成、修復する
ということ。

ビタミンB12値、がんの早期発見に利用できるか|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

がんになるとどうしてビタミンB12の値が上がるのかは、
記事を読んだ限りではわからない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック