適量飲酒で心不全患者の余命が延長か

たまに飲む程度であれば、飲酒は健康に有害な影響を与えないばかりか、高齢の心不全患者には有益である可能性があることが、米ワシントン大学セントルイス校内科教授のDavid Brown氏らによる研究で示された。 ということ。 ↓ 適量飲酒で心不全患者の余命が延長か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット お酒好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンB12値の上昇は短期のがんリスク増加と関連している

ビタミンB12値の上昇は短期のがんリスク増加と関連している ということです。 ↓ ビタミンB12値、がんの早期発見に利用できるか|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット がんになると、 血中のビタミンB12の値が高くなる場合がある、 ということで、 ビタミンB12に発がん性がある、 ということではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満であるほど脳梗塞になりやすい

日本人は肥満であるほど脳梗塞になりやすい可能性があることが、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの検討で分かった。特に、BMIが30を超える肥満であると、男性では心原性脳塞栓症リスクが、女性では心原性脳塞栓症だけでなく、ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞リスクも約2倍に高まることが明らかになった。 というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性の女性は、腰痛に4.91倍、難聴に4.84倍なりやすい

冷え性の女性は、腰痛に4.91倍、難聴に4.84倍なりやすいことが、福島県立医科大学の坪井 聡氏らによる研究で明らかになった。 ということ。 ↓ 冷え性の女性は約5倍「あの症状」|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 冷え性、というものに、 診断基準みたいなものがあるのかどうかはわからないけど、 冷え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市販の風邪薬で心血管疾患リスクが上昇する恐れ

米国の専門家らは、市販の風邪薬の中には心血管に悪影響を及ぼすものもあることを理解し、使用する際には慎重に判断するようにと注意喚起している ということ。 ↓ 市販の風邪薬で心血管疾患リスクが上昇する恐れ、AHA|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 記事の中で特に注意されているのが、 鼻炎薬と非ステロイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揚げ物の摂取頻度が死亡リスクに影響

揚げ物、とくにフライドチキンや魚介類のフライの頻回摂取は、全死因死亡および心血管死亡のリスクを高めることが、米国・アイオワ大学のYangbo Sun氏らによる、閉経後女性を対象とした大規模前向きコホート研究「Women's Health Initiative(WHI)研究」のデータ解析の結果、示された。 ということ。 ↓ 揚げ物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揺られながら眠ると記憶力も向上する

揺られながら眠ると、睡眠の質が改善するだけでなく、記憶力も向上することが、ヒトとマウスを対象に行われた2件の研究で示された。 ということ。 ↓ 揺られながら眠ると記憶力も向上する、ヒトとマウスで実証|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット ホンマでっか! って、 思った。 電動ベッドを作っている会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝食を摂取すると減量できるのか?

朝食の摂取は、その習慣の有無にかかわらず、体重減少の戦略としては有効とはいえない可能性があるとの研究結果が、オーストラリア・モナシュ大学のKatherine Sievert氏らの検討で示された。 ということ。 ↓ 減量に朝食摂取は本当に有効か/BMJ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 記事を読んでみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more