近所にコンビニがあると、動脈硬化のリスクが増える

自宅周辺にコンビニが多くある人は、無症候性のアテローム性動脈硬化症になりやすい可能性があることが、米ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部教授のKiarri Kershaw氏らの研究で明らかになった。 ということ。 ↓ 「近所にコンビニ」で動脈硬化リスク増|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 私自身、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 2019年 3/22 号 「この薬、私なら飲まない」

週刊ポスト 2019年 3/22 号”専門医10人が実名で挙げる 「この薬、私なら飲まない」”より 降圧剤の「配合剤」は選ばない 配合剤は言ってみれば『複数の薬を同時に飲んでいる』に等しい。そのため、もし副作用が出た場合に、どのタイプの降圧剤が原因だったのかを特定しにくく、また量を微妙に加減して血圧を調整するのも難しいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 2019年 3/23 号 「念のため」と渡された薬を飲んだために・・・

週刊現代 2019年 3/23 号 ”「念のため」と渡された薬を飲んだために・・・”より ゾフルーザを飲んで血便や鼻血を訴える人が複数出たため、3月1日厚生労働省は急遽「出血」の副作用を追記するよう製造元の塩野義製薬に指示した。P162 ゾフルーザはインフルエンザの新しい薬で、 去年から今年にかけてのインフルエンザの流行時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テストステロンが高い男性の年収は、低い男性と比較して3~5倍も多い

テストステロンが高い男性の年収は、低い男性と比較して3~5倍も多い のだそうだ。 ↓ 人生を支配するホルモンとは|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 「できる男」は、 テストステロンが多く分泌されているみたい。 そして記事によると、 テストステロンは、人指し指より薬指の長い男性で高値 なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病と診断後にナッツ類の摂取量を増やした人は、そうでなかった人と比べて、心血管疾患、冠動脈疾患リスクが低下したのだそうだ。 ↓ ナッツ摂取、糖尿病患者でCVD・全死亡減:大規模前向きコホート|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット ナッツ類は好きなのでよく食べるけど、 体にも悪くはなさそうなので、 良か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕立て伏せが40回以上できる男性は心血管リスクが低い

腕立て伏せを一度に40回以上できた男性では、10回以下しかできなかった男性と比べて心血管疾患リスクが96%低いことが分かった。 ということ。 ↓ 「腕立て40回以上」で中年男性の心疾患リスク減|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット 腕立て伏せのできる回数が、 その人の体力をよく表しているということなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more