日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 15.解決方法がなかなか出なくても・・・

この本より。 メッセージ15 解決方法がなかなか出なくても”問題の所在を明らかにすること”は大切だね。 ”問題の所在を明らかにする”というのは、 どこに問題があるのか、ということをはっきりさせるということ。 解決方法が見つからなくても、 どこが問題なのか、何が問題なのかをはっきりさせることがまず大切だと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 14.訪問看護はドクターと一緒に方針をたてる・・・

この本より。 メッセージ14 訪問看護はドクターと一緒に方針を立てるところから始まるの。 ドクターと一緒に方針を立てるということは、 訪問看護だけに必要なことでもなくて、 入院している患者さんの看護にも必要なことだろうと思う。 訪問看護の場合は、その人の家庭での生活がまずあって、 入院している患者さんの場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 13.”farilty”をどうするかをナースは・・・

この本より。 メッセージ13 ”frailty”をどうするかをナースは行動目標として考えることだね。 筋肉量が減少する、筋肉の力が衰える、持久力が低下する、緩慢な動作になる、活動性が低下する。これが”老人の脆弱化”の特徴で、このことを”frailty”というの。老人の看護をする人には、この”frailty”を押しとどめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 12.1つ一つ根拠で対処法を考えると解決のめどが・・・

この本より。 メッセージ12 一つひとつ根拠で対処法を考えると解決のめどがつく可能性がある。 あいまいなままになっている問題を1つ一つ確かな根拠から対処方法を考えていけば、解決のめどがつく可能性があるp44 あまり考えずに、 あるいは考えるのが面倒なために、 きっとそうなるよね、 と、きめつけて行動している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 11 非常に難問が重なったときには・・・

この本より。 メッセージ11 非常に難問が重なったときには自分たちで解決できるかどうか考えないと。 非常に難問が重なったような状況のときには、自分たちのチームで解決できる範囲なのかということをよく考えなくてはね。アドバイザーの助けを求めることも含めてね。 何か困ったときに、 個人であれば、 誰かに相談してアド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 10栄養量の評価は訪問看護師にとっても大切ですよ

この本より。 メッセージ10 栄養量の評価は訪問看護師にとって大切ですよ。 ジゴキシンの量は食欲と関係があってね、服用していると食欲がなくなることが多いの。食べないからやせるのであれば、食べられない原因は何かを考えることが大切だね。p37 不整脈(心房細動)がある上にやせることが目立つ老人では、よく甲状腺機能亢進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理 コミュニケーションツールとしての事前指示

この本より。 人前指示の役割;コミュニケーションツールとしての事前指示 事前指示が有用な理由として①患者本人の価値観や自己決定の権利を尊重することになる、②家族の、患者意思を根拠なく憶測することに対する心理的苦悩や感情的苦痛を軽減する、③医療・介護専門家の延命治療をしないことに対する法的不安を軽減する、④有用なコミュニケーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理 患者の閉鎖的態度は、医師の患者に対する態度の鏡

この本より。 コミュニケーション不足は、患者に有益な治療を頑なに拒否する態度を引き起こしてしまうことがあります。p95 患者の閉鎖的態度は、医師の患者に対する態度の鏡でもあります。医師も、患者の価値観に耳を傾けず、共感をもった態度で接していなかった可能性にいついて自省する必要があります。p96 このことは、 患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理より 医療者-患者関係モデル

この本より。 「医療者-患者関係モデル」 ①パターナリズムモデル 「パターナリズム」は、専門家である医師が考える治療は、患者にとって最善であるという考え方に基づいています。しかし、まず、本人の治療拒否を無視して、治療を実施することは非現実的です。医師が、自分の価値観に沿って一方的に意見を押し付ければパターナリズムモデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理より エリザベス・ボービア裁判

この本より。 エリザベス・ボービア裁判(カリフォルニア州) エリザベス・ボービアは意思能力のある28歳の女性で、重度の脳性四肢麻痺を患っていました。彼女は、死ぬことを望み、自分が餓死するまでの疼痛緩和と必要な処置を病院に要望しました。しかし、彼女は独力では食事をとることができなかったので、餓死したいと意向を表明した後に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理より  倫理的ジレンマとは

この本より。 倫理的ジレンマとは 倫理的ジレンマとは、臨床現場における対立する意見のうち、どりらが正しいのか、あるいは明らかに間違っているのか、一見しただけでは判断できなものです。このケースにおいても、一見、どちらの意見も正しいと思われる「倫理的価値」、あるいは「善」が対立しています。  具体的には、「本人の願望どおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理より 薬剤の副作用も嚥下障害の原因となる

この本より。 薬剤の副作用も嚥下障害の原因となることがあります。認知症で用いられるアリセプト(ドネペジル塩酸塩)は食欲不振や嘔吐の副作用が強くみられます。不穏や過激な言動などBPSD(認知症に伴う行動・心理症状)に対して用いられる向精神薬は、傾眠につながったり、嚥下そのものを悪化させることがあります。p65 薬の副作用に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の人に食事をとってもらうための工夫

この本より。 認知症の人に食事をとってもらうための工夫 本ケースにおいて原因となる病変が認知症以外にない場合には、まず、おにぎりやサンドイッチを手に持たせてあげれば食べるとか、赤ちゃん煎餅や柔らかいクッキーなどを前歯でカリカリしながら食べてもらうとその後の摂食嚥下がスムーズになるという場合がありますのでお試しください。p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見人には医療に関する同意権はないといわれています

この本より。 現在の法解釈では、後見人には医療に関する同意権はないといわれていますが、高齢者の単身世帯も増加してきていますし、また必要な人に必要な医療を提供するためには、医療同意する人がいないと困ることから、今後、社会として真剣に考えていかなければならない問題といえます。p62 「今後」と言わず、 今すぐにでも真剣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーソン・センタード・ケア

この本を読んでいる。 各ケースの考察の部分が、 勉強になる。 パーソン・センタード・ケア パーソン・センタード・ケアとは、Tom Kitwoodの本のタイトル「The person comes first=まず、その人ありき」が示すように、すべての場面で認知症の人々の人格を認めることを中核概念とするもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間欠的口腔食道経管栄養法(OE法)とはどのようなものか?

この本を読んでいる。 p40 Q8間欠的口腔食道経管栄養法(OE法)とはどのようなものか?    14から16Fr(フレンチ)のやや太い管(経管栄養に用いるもの)を口から入れて、水分栄養を注入する方法です。一日3回食事の時間に合わせて自分で行うことも可能です。チューブの先端の位置は食道に置くとよいし、胃に置くことも可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症である入所者は、意思能力が欠如しているという理由で食事を拒絶する権利はないのか?

この本を読んでいる。 本文より。 認知症である入所者は、意思能力が欠如しているという理由で食事を拒絶する権利はないのか?p58 「認知症だから」という先入観で意思能力を過小評価して、必要以上に自己決定の制限をすることは倫理的に正しくありません。 まして、意思能力は、「特定の課題ごと」「経時的に」「選択結果の重大性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理 その3

この本を読んでいる。 勉強になったと思うところ。 このケースのDさんのように、食事介助の際に、食べさせようとすると葉をくいしばり、口を開いてくれず、スプーンを口に近づけると、払いのけたり、唾を吐き、さらには、介護者を押しのけたり、叩いたりつねったり引っ搔いたりすることもあります。そして、スタッフに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理 箕岡真子 藤島一郎 稲葉一人 その2

この本より。 自分の勉強。 インフォームドコンセント インフォームドコンセントは、①情報の公開、②理解、③自発性、④意思能力、⑤同意、の5つの要素から成り立っています。それは、医療者と患者さんが治療方針の決定過程を共有することを意味します。医療者は、十分な情報提供を行い、繰り返し話し合い、患者さんの意見を聞き、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂食嚥下障害の倫理 箕岡真子 藤島一郎 稲葉一人

研修のときに紹介された本。 普通に食べれる間は問題ないのだけど、 食べれなくなってくるといろいろと難しい問題が出てくる。 答えのない問題が。 本書より参考になったと思う部分を少しずつ記録していく。 p33 嚥下造影検査  胃の集団検診のときにバリウムを飲んだ経験のある人はいると思いますが、基本的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイリスク内服薬における薬効一覧

この雑誌より。 自己学習として。 ハイリスク内服薬における薬効群一覧p82 テオフィリン製剤 テオドール ユニフィルムLA など 血液凝固阻止薬 バイアスピリン パナルジン プラザキサ プラビックス ワーファリン など 経口血糖降下薬 アマリール グリミクロン グルファスト スターシス ダオニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留置ポート管理の最新技術

この雑誌より。 留置ポート管理の最新技術p51~p55 ポート穿刺に使用する針 ポートに穿刺する針は先端開口部でセプタムを損傷しないように、針の先端形状が加工されているポート専用の穿刺針を用います。これらの針は「ノンコアリングニードル」「コアレスニードル」「Huber(ヒューバー)針」などと呼ばれていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 中心静脈カテーテル挿入に見られるトラブル

この雑誌より。 自己学習用まとめ。 CVカテーテルに関連した合併症・トラブルp47-50 挿入時 機械的合併症 動脈穿刺、血腫、気胸、血胸など 不整脈 カテーテルまたはガイドワイヤーが右心房、右心室に到達すると不整脈が誘発される 内径静脈穿刺の場合、頸動脈洞の刺激により徐脈をきたす可能性も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 血管アクセスデバイスの選択基準

この雑誌より。 血管アクセスデバイスの選択基準 選択基準となるポイントは、「用いる輸液薬剤」「投与期間(治療期間)」「患者の状態」「患者の希望」 用いる輸液薬剤のpH、浸透圧、発疱剤(水疱形成を起こしやすい薬剤)か否かp44~45 pH 米国のInfusion Nursing Socie…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術 

この雑誌より。 新人指導のための自己学習用として。 末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)管理の最新技術  PICCの合併症 カテーテル閉塞 カテーテル破損 静脈炎 中心静脈カテーテル関連血流感染(CR-BSI) p37 静脈炎については、10人に1人の割合で経験するといわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICC・留置ポートの扱い方 輸液投与期間による輸液器材の選択

この雑誌より。 新人指導のための自己学習用として。 輸液投与期間による輸液器材の選択 留置7日まで 〇末梢静脈 〇PICC 留置30日まで 〇PICC 〇通常中心静脈 留置30日以上 〇PICC △通常中心静脈 〇カフ付中心静脈 〇ポート 中心静脈圧(CVP)測…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 胃管カテーテル管理のテクニック

この雑誌より。 胃管カテーテル管理のテクニック 咽頭でカテーテルが斜走していると、喉頭蓋の反転や喉頭挙上を妨げ、嚥下運動を阻害します。違和感によって奥舌でカテーテルを押し上げ挿入が浅くなったり、自己(事故)抜去したりする恐れもあります。 胃管カテーテルの斜走を防止するためには、頸部回旋法を用いて挿入する方法があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 口腔ケア

この雑誌より。 口腔ケア 「水での洗浄VS吸引・拭き取り」の効果比較については、決着がついていない状況です。しかし、私の施設(自治医科大学附属病院)では、歯磨きと水道水での洗浄をやめて洗口液を用いたブラッシングと吸引・拭き取りへ変更し、汚染や口臭が改善しています。そのため、口腔乾燥がある場合には姿勢の調整に加え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 NPPVのテクニック

この本より。 新人指導のための勉強。 NPPVのテクニック NPPVマスクのベルトは、絞めたあとに少しづつゆるめていき、リークが最小限になる位置を探す p86 NPPVマスクのサイズは、タテは鼻根部~下唇のへこんだ部分、ヨコは口角をニーッと横に広げてもらってはみ出ないサイズ p86 NPPV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識 気管吸引実施前の判断 呼吸状態の変化

この雑誌より。 新人指導のための自己学習用として。 気管吸引によって分泌物が除去できる部位は主気管支レベルです。 主気管支部は体表面から見ると第2肋骨付近です。ここで断続性複雑音が聴取されるとき、胸部を触って呼吸に伴う振動が確認されるときは主気管支部に分泌物が貯留していると判断できます。 p83 人工呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ 9.カンファレンスがないと”迷路”に入ってしまう。

この本より。 9.カンファレンスがないと”迷路”に入ってしまう。だからカンファレンスは重要なんだね。 本文より 「野村さんの主治医は大学病院の教授だそうだね。近医を主治医にしないとこを思うと、非常に”権威”というものに弱いと思う。だから、主治医がもっと強く出れば、この患者さんの拒否反応も弱くなるんじゃないのかな。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制吐剤の副作用に精神症状!?「アカシジア」(錐体外路障害)を見逃さない!

この雑誌より。 自己学習用まとめ。 制吐剤の副作用に精神症状!?「アカシジア」(錐体外路障害)を見逃さない!p24 ①医療用麻薬の副作用対策で使われる制吐薬で、精神症状を伴う「アカシジア」が起こることがある。 ②吐き気の原因をよく鑑別し、受容体を考慮した制吐薬の選択が重要 ③副作用対策の薬剤にも副作用が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな肺炎治療の考え方  NHCAP患者さんへのケアのポイント

この雑誌より。 自己学習用として。 NHCAP患者さんへのケアのポイントp22 ・適切に合併症を評価して管理する ・適切な栄養管理を行う ・肺炎の再発・再燃のリスク因子を理解して患者ケアを行う ・適切な「誤嚥」対策を行う。特に口腔ケアと頭部挙上が大切 NHCAP発症・再燃のリスク因子p2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな肺炎治療の考え方 NHCAPにおける抗菌薬の決め方

この雑誌より。 自己学習用まとめ。 抗菌薬の略号と商品名p20 AMPC/CVA オーグメンチン SBTPC ユナシン錠 CAM クラリス クラリシッド AZM ジスロマック GRNX ジェニナック MFLX アベロックス LVFX クラビット CTRX ロセフィン SBT/ABPC ユナシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな肺炎治療の考え方

この雑誌より。 自己学習のまとめとして 新たな肺炎治療の考え方 p18-19 2005年の米国のガイドラインにおいて、医療ケア関連肺炎(Health-Care- Associated-Pneumonia:HCAP)という新概念が発表され、肺炎は、CAP、HCAP、HAPの3群に分けて初期抗菌治療を考えるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野原先生からナースに贈る35のメッセージ メッセージその8

このの本より。 8.訪問看護こそ日本のナースを変えるきっかけにになってほしいね。 本文より これから先の訪問看護をレベルアップするには”診断ができるナース”でないとダメなの。これがないと、訪問看護が”介護”だけになってしまう。”診断は医師のものだ”という時代はもう過ぎたの。訪問看護こそ日本のナースの業務を変えるきっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意したい咳の見分けと治療 慢性咳嗽

この雑誌より。 自己学習としてまとめ。 慢性咳嗽の原因疾患に特徴的(特異的)な症状・病歴と治療薬 p23 咳喘息 ・夜間~早朝の悪化(特に眠れないほどの咳や起坐呼吸) ・痰が切れると楽になるとの訴え、症状の季節性・変動性 治療 ・気管支拡張薬 ・吸入ステロイド アトピー咳嗽 ・症状の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意したい咳の見分けと治療 

この雑誌より。 自己学習としてまとめ。 注意したい咳の見分けと治療 p18-21 咳嗽は、持続する時間により3週間未満の「①急性咳嗽」、3~8週間の「②遷延性咳嗽」8週間以上の「③慢性咳嗽」の3つに分類される 急性咳嗽の原因の多くは感冒を含む気道の感染症、すなわち感染性咳嗽であり感染性咳嗽であり、急性咳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起こしちゃいけないインスリンの事故! インスリン製剤

この雑誌より。 新人指導の自己学習用として。 インスリン製剤 p74-75 超速攻型 追加分泌を補うことで食後の高血糖を抑える 高くなった血糖の修正にも使われる 食直前に注射する。 持続時間は、単位を増やしても延びない アピドラ注 最大作用時0.5-1.5時間 持続時間3-5時間 ヒューマログ注 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more