テーマ:心電図

発作性上室性頻拍(PSVT)

この雑誌の特集より。 発作性上室性頻拍(PSVT) 房室結節内をリエントリーするもの(房室接合部性エントリー)と、 房室結節と副伝導路をリエントリーするもの(房室リエントリー)に分けられる。 循環動態に影響をおよぼすこともあり、早急な停止・徐拍化を必要とする。 ベラパミル(ワソランなど)による徐拍化、 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ⅱ型房室ブロック ウェンケバッハ型とモービッツ型

この雑誌の特集より Ⅱ型房室ブロック ウェンケバッハ型とモービッツ型 Ⅱ型房室ブロック ウェンケバッハ型 P波とQRS波の間隔が徐々に延長し、QRS波が欠落する。 可逆的で予後も良い。 他の房室ブロックへ移行しないか注意が必要。 Ⅱ型房室ブロック モービッツ型 突然QRS波が欠落する。 より重症の高度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徐脈性心房細動

この雑誌の特集より 徐脈性心房細動 f波があり、RR感覚は一定せず、徐脈になっている状態。 心房細動は比較的頻脈になる傾向があり、徐脈化する薬剤(ジゴキシン、β遮断薬、ワソランなど)を投与することがある。徐脈心房細動は、このような徐脈化する役剤の投与中に起こりやすい。 ジゴキシンを投与すると、ST部分の低下も見られること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞停止(SA)

この雑誌の特集より。 洞停止(SA) 洞結節に何らかの異常が生じ、P波の刺激が送られなくなり、QRS波も現れなくなる その後、補充調律として房室結節からの刺激でQRS波が起こる 数秒異常の停止でアダムストークス発作となる 洞停止は、副交感神経が優位になる夜間帯に多く見られる 硫酸アトロピンが投与を投与する場合がある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心房細動(AF)と心房粗動(AFL)

この雑誌の特集より 心房細動(AF)と心房粗動(AFL) 心房細動(AF) RR間隔が不規則 基線に明らかなP波はなく、細かく揺れているf波(300回/分以上) 心房内の血流が停滞し、血栓が形成され、 脳梗塞などの原因となることがある。 心房粗動(AFL) RR間隔は比較的一定 F波(粗動波、鋸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上室性期外収縮(SVPC)と心室性期外収縮(PVC)

この雑誌の特集より 上室性期外収縮(SVPC) 本来の周期と無関係に、心室以外の場所から刺激が送られる。 P波らしい波形が見られる。 病的な意義はあまりない。 上室性期外収縮が連続的に見られたり、 発作性心房細動や頻脈性心房細動へ移行する場合があるので注意。 心室性期外収縮(PVC) 本来の周期と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心室頻拍(VT)と心室細動(VF)の見分け方

この雑誌の特集より。 心室頻拍(VT)と心室細動(VF)の見分け方 ①RR間隔が一定かどうか。 心室頻拍(VT) RR間隔は一定で同一の波形が持続する 心室細動(VF) RR間隔はバラバラ ②幅広のQRS 心室頻拍(VT)も心室細動(VF)もQRS波は幅広 心室細動(VF)ではQRS波が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不整脈の心電図を勉強する

私は脳外科の看護師なので、心臓のことにはほんとに弱い。 しかし逆に言えば、 心臓のことをそんなにわからなくても脳外科の看護師は勤まってしまう、 という、 ちょっと恐ろしい状況でもある。 さすがにそれではいかんだろうということで、 本をよんだりして勉強してはいる。 しかし不整脈というのは、 本で勉強してみても実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看護に役立ちそうなサイト ハート先生の心電図教室

心電図の勉強が出来るサイト。 ハート先生の心電図教室 心電図につい勉強するにはほんとにいいサイトだなと思いました。 心電図というのは看護師としても読めるとかっこいいですので、 何回か勉強しようとしましたが、 そのたびに忘れてしまいます。 このサイトでは、 心電図にあわせて心臓が動く様子がFlashの動画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more