テーマ:看護師

泣く新人看護師について

こっちのブログには最近あまり書いていなかったので、 ちょっと何か書こうかなと思いました。 で、最近ちょっと思い出したこと。 新人看護師だったとき、私は泣いたことがありませんが、 ある程度看護師を続けていると、 新人看護師が泣いているシーンはまあまあ目にします。 で、涙を流している新人看護師は、 あとからすごい成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロルヘキシジンによる口腔洗浄は多剤耐性グラム陰性桿菌によるICU血流感染の発生率を低下させない

多剤耐性グラム陰性桿菌(MDRGNB)感染の発生率が中等度~高度のICUにおいて、人工呼吸器装着患者に対する、クロルヘキシジン(CHX)による口腔洗浄や、選択的中咽頭除菌、選択的消化管除菌の実施は、いずれも標準的ケア(CHXによる毎日の清拭とWHO推奨手指衛生プログラム)と比べて、MDRGNBによるICU血流感染の発生率を低下させないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 2018年 11/16 号 ”ゾフルーザ効き目と弱点”

週刊ポスト 2018年 11/16 号 ”ゾフルーザ効き目と弱点”より ゾフルーザ効き目と弱点 ゾフルーザは、細胞内でウイルスが増殖すること自体を抑えます。従来の薬より早い段階でウイルスに作用することが、早いウイルス減少効果につながると考えられます p52 インフルエンザの患者1440人に行った臨床試験で、ウイルスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 2018年 11/9 号 オプシーボとキイトルーダその効果、値段、副作用

週刊ポスト 2018年 11/9 号より オプシーボとキイトルーダその効果、値段、副作用 がん細胞は『PD-L1』という分子を、免疫細胞は『PD-1』という分子を持っており、2つが結合すると免疫細胞は活動が抑えられ、がん細胞を攻撃できなくなる。この対応関係を免疫チェックポイントと呼ぶ。オプシーボが、双方の結合を阻害することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エキスパートナース2017年7月号 ”今“はこうする!エンゼルケアの注意点

エキスパートナース2017年7月号 ”今“はこうする!エンゼルケアの注意点 ポイント①ご遺体の中心静脈カテーテルは抜去してはいけない! 死後数時間で、 心停止により血管内・臓器内で凝血塊が形成される。 それ以降は、 凝結した血液は際融解が進み、体内の血液は流動性が高まる。 中心静脈カテーテルやCVポートな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に

健康な男性が一晩徹夜するだけでも、骨格筋は分解されて、脂肪が体に貯め込まれることが遺伝子レベルの解析で示唆されたという。 ということです。 ↓ たった一晩の睡眠不足が肥満の原因に?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット ちなみに看護師の私は、 夜勤のため今月は4回徹夜します。 骨格筋が分解されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 2018年 9/1 号  ドイツとフランスでは「やらない手術」

週刊現代 2018年 9/1 号   ”ドイツとフランスでは「やらない手術」” 前立腺がん 前立腺を摘出すると術後、2人に1人が尿漏れを起こすため、フランスなど欧州では放射線治療が第一選択となっている 食道がん 欧州ではリスクを考え、放射線と抗がん剤がメインに 肺がん 手術で肺を取れば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 2018年 8/18・25 合併号 ヨーロッパではもう処方されない薬

週刊現代 2018年 8/18・25 合併号 ”日本では処方はするが、欧米の医療先進国では使ってはいけない薬” 血圧治療薬 オルメテック 脳卒中や心筋梗塞を減らせる根拠が不十分な反面、飲みすぎによる低血糖など安全性に課題がある フランスでは2017年から処方されなくなった 糖尿病治療薬 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 2018年 8/4 号 「かかりやすい病気」は職業で決まる

”週刊現代 2018年 8/4 号 「かかりやすい病気」は職業で決まる” より 認知症 教師・地方公務員・会社員(経理・総務)・会社役員・工場労働者・レジ係・職人 創造性をあまり要求されず、同じことを繰り返しがちな職業に多い 解説の部分がちょっと失礼な感じ。 うつ病 会社員(管理職・経理)株式トレーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 2018年 8/3 号 名医11人が本当に飲んでいる「漢方薬」23

週刊ポスト 2018年 8/3 号 名医11人が本当に飲んでいる「漢方薬」23 より。 p14 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)+葛根湯(かっこんとう) 寒気や喉の痛みなど風邪の症状が軽いとき 補中益気湯+麻黄湯(まおうとう) 風邪の症状が重い時に抗生剤などと併用する 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問7 思春期に見られる感情の特徴はどれか

第107回看護師国家試験  午前問7 思春期に見られる感情の特徴はどれか 1.情緒的に安定し穏やかになる 2.重い通りにならないと泣き叫ぶ 3.親に対し強い愛情表現を示す 4.依存と共存のアンビバレント(両面的)な感情をもつ 答え 4. 何となくで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問6 原始反射はどれか

第107回看護師国家試験  午前問6 原始反射はどれか 1.手掌把握反射 2.視性立ち直り反射 3.パラシュート反射 4.Landau(ランド―)反射 答え 1. 1.手掌把握反射 指などを新生児の手掌にあてると反射的に把握する反射。4~6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか

第107回看護師国家試験  午前問5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか 1.高度医療の受療 2.本人の満足感 3.乳児死亡率 4.生存期間 答え 2. QOLの意味が分かれば間違えることはないだろう。 クオリティ・オブ・ライフ(英: qua…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問4 介護保険法に基づき設置されるのはどれか

第107回看護師国家試験 午前問4  介護保険法に基づき設置されるのはどれか 1.老人福祉センター 2.精神保健福祉センター 3.地域包括支援センター 4.都道府県福祉人材センター 答え 3. 1.老人福祉センター 老人福祉法(昭和38年法律第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問3 シックハウス症候群に関係する物質はどれか

第107回看護師国家試験 午前問3  シックハウス症候群に関係する物質はどれか 1.アスベスト 2.ダイオキシン類 3.放射性セシウム 4.ホルムアルデヒド 答え4 1.アスベスト 耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問2 平成27年(2015年)の病院報告による一般病床の平均在院日数は

第107回看護師国家試験  午前問2 平成27年(2015年)の病院報告による一般病床の平均在院日数はどれか 1.6.5日 2.16.5日 3.26.5日 4.36.5日 答え 2. 看護師として働いていると、だいたいそんなもんかなと予想はつく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第107回看護師国家試験 午前問1 平均寿命で正しいのはどれか

第107回看護師国家試験  午前問1 平均寿命で正しいのはどれか 1.0歳の平均余命である 2.20歳の平均余命である 3.60歳の平均余命である 4.死亡者の平均年齢である 答え 1. これはまあ、覚えるしかないですね。 ちなみに、2016年の日本人の平均…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男尊女子 酒井 順子

男女平等とが良いとはいっても、多くの女性の心の中には、頼りがいのある男性に頼りたいという気持ちもある、 ということを言っている。 女性の多い看護師の職場で働く私としては、 これは少し違うかなと思っていて、 結婚というのが男女の間でされるものだから、結婚においては頼りがいのある相手を選びたくなるのであって、 女性の多い職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一生痛まない強い腰をつくる 金岡 恒治

この本より。 看護師は腰痛に悩まされる人が多い。 この本は、腰痛の原因の解説が分かりやかった。 腰痛を予防するために行う体操も、とても手軽にできるものなので、 続けられそうだと思った。 以下本書より抜粋。 腰痛の原因について じつは腰の痛みは、心理状態によって大きく増幅されてしまうことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 「時間がないから仕方がない」と”効率的”なケアを続けることで生じる最も大きな代償は、このような戦いに疲れてしまった職員の離職です。ケアをする人の多くは「誰かのために役立つ仕事」としてこの職業を選んでいます。自分が選んだ職業に価値を見いだし、継続していくためには、ケアを受ける人とケアをする人の双方が楽しみと満足を得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 ここで大切なのは、相手の視覚・聴覚・触覚のうち、少なくとも2つ以上の感覚へ、調和的でポジティブな情報を伝え続けることなのです。少しわかりにくいので、具体的に説明します。 たとえばわたしたちは、優しい声と笑顔で「服を脱ぎますね、大丈夫ですよ」と言いながら、袖から腕を抜くために、つい手首をつかんで持ち上げてしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 心をつかむ五つのステップ 第一ステップ 出会いの準備 ①3回ノック ②3秒待つ ③3回ノック ④3秒待つ ⑤1回ノックしてから部屋に入る ⑥ベッドボードをノックする p94 第二ステップ ケアの準備 ・正面から近づく。 ・相手の視線をとらえる。 ・目が合ったら2秒以内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 認知機能がかなり低下している人の場合には、大げさなくらいの笑顔と声がけになることもあります。ユマニチュードを知らない他のスタッフからは、「大げさすぎる」「不自然」と批判されることがあるかもしれません。でも、「相手の認知機能の程度に合わせた態度をとること」はプロの技として必要なのです。p103 看護師は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 ユマニチュードで強調されるのは、「ご本人が嫌がったときは、絶対に引く」ということです。ケア準備の段階で、ケアをできるようにいろいろな声がけをして努力はします。ただ、いつでもケアする人の意図や都合に合わせて、患者さんが同意してくれるわけはありません。同意を3分以内に得られないときには、「そうですか、それではまた今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 立位介助をするときにその人の体を持ち上げてしまうと、足の裏が支える自分の体重が減ってしまいます。そうすると大脳に送られる知覚情報は、本来の体重よりも少ないものとなってしまい、「どのように筋肉に力を入れ、関節ご動かせばよいのか」という指令を出す脳が混乱します。つまりこれは不適切な介助です。なぜなら、かえって脳が必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 立つことによって、あなたとわたしが互いに同じ人間であるという意識が芽生えます。また空間認知が生まれ、内なる世界と外側の世界があることを知覚できます。歩くことで移動能力を獲得し、「社会における自己」を認識する関係性を経験し、ひとりの人間であることを認識します。この認識こそが人間の尊厳となります。人間の尊厳は「立つ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユマニチュード入門 本田美和子 ロゼット・マレスコッティ イヴ ジネスト

この本より。 私がひとりの女性と一緒にいるとしましょう。その女性が10歳で、わたしと手をつないでいたら「あらっ!イヴはお嬢さんと散歩しているのね」と一目瞭然ですね。もしふたりが腕を組んでいたら、「奥さんと一緒に散歩している」と思うでしょう。でも手首をつかんで彼女を引っ張って歩いていたらどうでしょうか。 「あの女性とイヴのあい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more