看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題62 一年前に会社を定年退職した66歳男性への助言の問題

<<   作成日時 : 2013/07/22 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

問題62

Aさん(66歳、男性)は妻と2人で暮らしている。Aさんは、会社を1年前に定年退職した後、ほどんど外出せず、生活が不規則になり不眠傾向になった。特定健康診査の際は、Aさんは「これまで、仕事だけを一生懸命やってきた。家事はやる気にならない」と言い、一緒に来た妻は「このまま体が弱ってしまうのではないか」と言っている。

Aさんへの看護師の助言で最も適切なのはどれか。

1,「家事を分担してはいかがですか」
2,「疲れるまで運動していかがですか」
3,「睡眠導入薬について医師を相談してはいかがですか」
4,「参加できそうな趣味のグループを探していはいかがですか」
























答え 4.

こういう問題は、
明らかな正解があるわけではないと思うので、
おかしい選択肢を外して残ったものを選ぶ。


1,×「家事を分担してはいかがですか」

成人に対する指導においては、
まずは相手の思いを尊重することが大切なので、
「家事はやる気にならない」と言っている人に対して、
「家事を分担してはいかがですか」
と答えるのはおかしいだろう。

夫にとって家事の分担が必要だと考えるならば、
今までにやっていた家事はないかとか、
家事のどういうところがやる気にならないのか、
本人の思いを引き出すような質問をしていくことが良いだろうと思う。




2,×「疲れるまで運動していかがですか」

「疲れるまで」というのがダメなのでしょうね。

運動を進める場合には、
「適度な」という言葉でお茶を濁す感じにする。

運動すればたいていの場合は疲れると思うのですが。




3,×「睡眠導入薬について医師を相談してはいかがですか」

不眠が主訴というわけでもないので、
いきなり睡眠導入薬を進めるのは飛躍しすぎているのかなと。




4,○「参加できそうな趣味のグループを探していはいかがですか」

いうほどに簡単なことではないと思うけど、
おかしいところはないかな。

一応正解なんだろうけど、
相手の思いを十分引き出し、
その状況をよく理解した上で提案しないと、
「そんなことはわかってる!」
と、怒られたりするかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題62 一年前に会社を定年退職した66歳男性への助言の問題 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる