看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題53 放射線治療の遅発性反応についての問題

<<   作成日時 : 2013/07/18 08:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

問題53

肺癌(lung cancer)の患者に放射線治療が行われた。遅発性の反応として予測されるのはどれか。

1,皮膚炎(dermatitis)
2,肺臓炎(pneumonitis)
3,放射線宿酔(radioactive sickness)
4,頭髪の脱毛
























答え 2.

1,×皮膚炎(dermatitis)

放射線があたった皮膚に炎症が起こることがある。

放射線は、
細胞分裂が盛んなところにより影響を与えるので、
皮膚などでも障害が起こりやすい。



2,○肺臓炎(pneumonitis)



3,×放射線宿酔(radioactive sickness)

放射線宿酔(ほうしゃせしゅくすい)、
照射開始後数日間に食欲低下や嘔気・嘔吐が出現すること。

「宿酔」とは、
「悪酔い」「二日酔い」のこと。
しゅくすい【宿酔】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
二日酔いに症状が似ていることから、
このような名前がついているのだろう。



4,×頭髪の脱毛

頭部への放射線照射でおきやすい副作用。

肺への放射線照射では、
起こりにくいだろう。

頭部への照射だとしたら、
急性期の副作用だな。




この問題には個人的にはちょっと疑問がある。

放射線の治療には、
急性期の副作用と、晩期の副作用があり、
晩期の副作用は数ヶ月から十数年たったあとに出現するとなっているが、

放射線療法 - Wikipedia

肺臓炎は1ヶ月くらいから起こるようで、
早期の副作用と分類されている。

放射線療法|がんの治療と予防について解説【がん治療.com】

比較的遅いということであれば、
2で良いのだろうけど。



放射線の副作用。

放射線療法を受ける方へ:[がん情報サービス]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題53 放射線治療の遅発性反応についての問題 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる