看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題59 造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病に関する問題

<<   作成日時 : 2013/07/21 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題59

造血幹細胞移植後に、急性移植片対宿主病<GVHD>を疑うのはどれか。

1,耳 鳴
2,鼻閉感
3,ばち状指
4,頻繁な水様便
























答え 4.

1,×耳 鳴

2,×鼻閉感



3,×ばち状指

ばち状指とは、
上肢・下肢の指の先端が広くなり、爪の付け根が隆起し、凹みがなくなった状態
肺癌、間質性肺炎などの肺疾患、チアノーゼ性心疾患、肝硬変
などで現れることがある。

ばち指 - Wikipedia



4,○頻繁な水様便

移植片対宿主病<GVHD>とは、
ドナー(臓器提供者)の臓器が、免疫応答によってレシピエントの臓器を攻撃することによって起こる症状の総称

移植片対宿主病 - Wikipedia

造血幹細胞移植後GVHD
移植による血液提供者の免疫機構が、受血者の全身組織を攻撃、破壊する疾患

全身の組織が攻撃されるので、
腸管の組織が攻撃されれば、
下痢などが起きる。

急性移植片対宿主病(急性GVHD)の症状
原因不明の熱が続いたり、皮膚が赤くなったり、発疹(ほっしん)が現れることが多く、ひどい場合には皮がむけたり、水ぶくれができたりすることがあります。肝臓の細胞が破壊され、黄疸(おうだん)が出て体がだるくなり、重症の場合には、肝臓の機能が低下して意識が薄れることもあります。胃の症状としては、吐き気や、食欲がなくなり、腸管が攻撃されると大量の水様下痢便や血が混じった便(血便)が続いて栄養不全となり、いずれも重症になると患者さんは死に至ることがあります。

造血幹細胞移植の副作用:移植片対宿主病:[がん情報サービス]



これもややマニアックな問題かな。

それでも、
ほかの選択肢である耳鳴や鼻閉感は、
一般的によくある症状なので、
これが急性移植片対宿主病の症状を示しているとは考えにくい。

それからあとは、
「ばち状指」がどういう時に起きるか知っていれば、
消去法で、
「頻繁な水様便」が撰択できるだろうと思う。

勉強して知識があり、
移植片対宿主病<GVHD>とは、移植された組織が移植を受けた人の組織を攻撃することで、
造血幹細胞移植などでは免疫が関わっているため、攻撃が全身に及ぶ、
ということまでわかっていれば、
腸管が攻撃されて水様便、
という答えはすぐにわかるだろうけど。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題59 造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病に関する問題 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる